オンカジ 初心者 用語
UPDATE:2021.01.27

オンカジ用語集ワイルドシンボルやフリースピンがわからない!初心者でもわかる超簡単解説

オンカジ 用語初心者の方へ

オンカジ初心者の方で「専門用語が多すぎてわからない、、、」とお困りの方はいませんか?

当記事ではオンカジ初心者の方のために用語の中でも絶対におさえておくべき43の用語を以下のジャンルに分けてご紹介します。

すでにオンカジをプレイしている経験者の方でも「意外と知らなかった。。。」というものもピックアップしていますので、プレイ前・プレイ後の予習・復習として、ぜひご活用ください。

どれもオンカジをプレイする上でとても大切な用語なのでブックマークしておくと便利ですよ!

オンカジとはネットでプレイできるカジノ

オンラインカジノとはインターネットでプレイできる「カジノのネット版」です。ネット環境があれば場所を問わずパソコンはもちろん、サイトによってはスマホやタブレットで家からでもお金を賭けて遊べます。

1996年頃から普及し現在は2000サイトを超えます。

本場のカジノと同様に以下のゲームなどをプレイでき、コンピュータとの「マンツーマン対戦」や他の複数のプレイヤーと遊べる「マルチプレイヤー」、モニター越しに本物のディーラーと対戦できる「ライブカジノ」が用意されています。

  • ルーレット
  • スロット
  • ポーカー
  • ブラックジャック
  • ライブ(ビデオ)
  • バカラ

オンラインカジノの多くは海外の運営国の政府から発行されたライセンスを取得して運営しています。

中にはライセンスを持っていない危険なサイトもありますので、ライセンス発行国の認証マークがあるか必ずチェックしてからプレイしましょう。

オンカジ初心者用語集①:ボーナス関連

ボーナスについてオンカジ用語を7つご紹介します。

  • 入金不要ボーナス
  • 入金ボーナス
  • キャッシュバック
  • フリースピン
  • 出金条件(賭け条件)
  • 除外ゲーム
  • 禁止ゲーム

入金不要ボーナス

入金不要ボーナスとは無料(フリー)で貰えるボーナスです。

多くのオンカジは新規会員登録するだけで貰えるボーナスを用意しており、初回は入金しなくてもゲームをプレイできるところがあります。

入金ボーナス

入金不要ボーナスとは入金額の割合に応じて貰えるボーナスです。

100%以上のボーナスなら高額で基本的に25%から200%まであります。

例えば100%の場合、100ドル入金すると100ドル分のボーナスがもらえ、残高は入金額2倍の200ドルになります。

入金ボーナスは各サイトによって異なり、期間限定のキャンペーンだったり初回~数回(指定されている回数)までの入金で貰えることがほとんどです。

ただし、サイトごとに獲得上限額が設定されており入金すればするほどボーナスが貰えるわけではないので、ご注意ください。

キャッシュバック

オンカジにおいてのキャッシュバックとは「負けた額の一部が戻ってくる」プロモーションのことで。ベットした額の一部が戻ってくる「リベート」とは異なりますので注意しましょう。

キャッシュバック額は以下の計算式で割り出せます。

(対象期間の入金総額-期間終了後の残高-対象期間の出金総額)×所定レート=キャッシュバック額

キャッシュバックで有名なインターカジノでは初回入金キャッシュバックを行っており、勝利できなかった場合は最高500ドルを出金条件なしで引き出せます。

フリースピン

フリースピンとは無料(フリー)でスロットが回せるボーナスです。

フリースピンを使えば初心者・経験者問わずスロットを無料で回せ、もちろん残高からの支出は0円です。

フリースピンボーナスは登録で貰えたり初回入金で貰えたりもらい方はご利用をお考えのオンラインカジノによって差異があります。

出金条件(賭け条件)

出金条件(賭け条件)とは入金額や各利用カジノのボーナスなどを銀行口座や電子決済サー0ビスから引き出す(出金する)ための条件です。

出金条件はオンラインカジノによって異なり、例えばジパングカジノの出金条件は入金額とボーナス額の総額の18倍以上のベット(賭け)と定められています。

ただしボーナスの出金条件を満たさなければ出金ができず、「除外ゲーム」や「禁止ゲーム」もありますので注意しましょう。

除外ゲーム

除外ゲームとは最低賭け条件消化に入らないゲームです。

かりに除外ゲームに指定されているゲームでプレイしても条件消化外ですので、条件を満たせません。

ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどは除外ゲームに指定されていることが多いので要注意です。

禁止ゲーム

一方で禁止ゲームとは「最低賭け条件を消化するまでは遊んではいけないゲーム」です。

最低賭け条件を消化する前に指定されている「禁止ゲーム」をプレイすると最悪ボーナスを没収されてしまうこともありますので、注意しましょう。

オンカジ初心者用語集②:ゲームの種類関連

次にオンカジのゲームの種類についての用語を6つご紹介します。

  • ルーレット
  • スロット
  • ポーカー
  • ブラックジャック
  • ライブ(ビデオ)
  • バカラ

ルーレット

ルーレットは基本的に0~36までの数字のいずれかを指定して賭けたり赤・黒いずれかを賭けるゲームです。

数字のエリアを細分して賭ける遊び方もあり、オンカジ初心者というより中級者向けのゲームです。

スロット

スロットとはベットしてリールを回しボーナス配当の当たりを目指すゲームです。

当てた時の額が大きいのが魅力で、1,000ドル超えの当たりを出すプレイヤーもいます。

パチスロとは異なり機種によって独自のルール・ボーナス条件があります。

ポーカー

ポーカーはトランプを使ったギャンブルで日本でもおなじみのゲームです。

ディーラーとマンツーマンで対戦するライブポーカーとコンピューターと対戦するポーカーに大別できます。

基本的なルールは各プレイヤーに配られる2枚のカードとプレイヤー全員が使えるコミュニティカード5枚をあわせた7枚のうち5枚を組み合わせて強さを競うゲームです。

ブラックジャック

ブラックジャックとは手持ちのカードの数字が合計21を超えないようにどれだけ21に近づけられるか競うゲームです。

プレイヤーがディーラーより高い点数を取れば勝利です。

ライブ(ビデオ)

ライブとは多くのオンカジで、採用されているシステムです。

モニター越しにディーラーとリアルタイムで対戦できます。

本場のカジノでゲームを行っているような臨場感を味わえるのが大きな魅力です。

バカラ

バカラは運ゲーでディーラーが2から3枚2箇所に配りプレイヤーは下一桁が9に近いほうを予想するゲームです。

オンカジ初心者用語集③:スロット関連

  • ワイルドシンボル
  • スキャッター
  • フリースピンゲーム
  • マルチプライヤー
  • リスピン
  • プログレッシブ・ジャックポット
  • フリーゲーム(無料ゲーム)

ワイルドシンボル(ワイルド絵柄)

ワイルドシンボルとはスロットで他のシンボルの代わりとして使用できる万能なシンボルです。

スロットの設定によりますが全てのペイラインに対して有効です。

スキャッター(Scatter)

スキャッターとはスロットで使われる特定の絵柄で、ペイライン上に並ばずとも一定の数が出現するを配当を獲得できる特別な絵柄です。

フリースピン

フリースピンとは無料(フリー)でスロットが回せるボーナスです。

不利0スピンは登録や初回入金の特典など貰い方はサイトによって異なります。

フリースピンはお金がかからないので残高が減ることはありません。

オンカジ初心者でも無料でスロットを回せる嬉しい特典ですが、賭け条件を満たさないと賞金が引き出せないので注意しましょう。

マルチプライヤー

マルチプライヤーとは勝利額が2倍や3倍、1000倍に倍増できるスロットでおなじみの絵柄です。

ベースゲームよりボーナスゲームでの出現率が高いのが特徴です。

リスピン

リスピン(再スピン)とはクレジットやコインを使わず、もう一度スピンできることを意味します。

特定のシンボルのシンボルが出現した時や条件をクリアすることで発生することが多いのが特徴です。

フリー(無料)ゲームで獲得する規定された回数のフリースピンはリスピンと呼ばれません。

プログレッシブ・ジャックポット

プログレッシブ・ジャックポットとはプレイするたびにベット額の一部がジャックポット用に積み立てられることです。

定めらたジャックポットの額ではなく積み立てていくほどジャックポット額が大きくなります。

フリーゲーム(無料ゲーム)

フリーゲームとは本物のお金をベットせずに遊べる無料ゲームのことで、登録やログインせずにプレイできます。

本格的にベットして遊ぶ前に「流れ」や「ルール」を学ぶ時に便利なシステムです。

オンカジ初心者用語集④:入出金(ペイメント・決済)関連

  • ヴィーナスポイント(VenusPoint)
  • アイウォレット(iWallet)
  • ビットコイン(bitcoin)
  • ウェバンク(webanq)
  • エコペイズ(ecoPayz)

ヴィーナスポイント(VenusPoint)

ヴィーナスポイントとはオンカジで稼いだ額を日本円に登録した銀行に出金できるサービスです。

特にクレジットカードを利用して入金しているプレイヤーに嬉しいサービスです。

アイウォレット(iWallet)

アイウォレット(iWallet)とはオンカジの決済手段で選択できる「電子決済サービス」です。

香港の「iWallet Limited」という企業が運営するサービスで世界中で使用されています。

アイウォレットに対応しているオンカジ、かつアカウントがあれば、まとめてオンカジの入手金が行えます。

ビットコイン(bitcoin)

ビットコインとは仮想通貨のことで一部のオンカジではビットコインを使って送金できます。

オンカジにおいてのビットコインの特徴は入出金が簡単に行え手数料が安いことです。

ただし一部の取引所では取引中止になるリスクもありますので、事前にチェックしてからビットコインを購入しましょう。

ウェバンク(webanq)

ウェバンクとはオンライン決済サービスで世界中で利用されています。

オンライン口座は本人確認書類を提出しなくてもネット上でものの数分で開設できます。

ドルから日本円の換算(逆もしかり)を簡単にできることから人気が集まっています。

エコペイズ(ecoPayz)

エコペイズ(ecoPayz)とはオンカジの決済で使える「電子決済サービス」です。

イギリスの会社によって運営され日本問わず多くの利用者がいます。

PayPayやLINE Payなどの電子マネーは一度チャージしたお金を現金に戻せないもののエコペイズはチャージしたお金を自分の銀行に振り込むことによって現金受取ができます。

オンカジ初心者用語集⑤:賭け金(ベット)関連

  • 賭け金(ベット)
  • ハイローラー
  • 還元率(ペイアウト率)
  • 控除率(ハウスエッジ)

賭け金(ベット)

オンカジのおけるベットとは賭け金のことです。

オンカジにおける掛け金(ベット)はアカウントの残高にチャージして利用します。

オンカジだと残高から簡単に高額ベットでき、サイトの中には出金上限のないところもあるのでハイローラーもいます。

ハイローラー

ハイローラーとは高額をベットするオンカジプレイヤーのことを意味します。

スロットだと1回のスピンで20ドル賭けるハイローラーもいます。

もしご自身がハイローラーの傾向がある方は出金限度額のないネットカジノがおすすめですよ。

還元率(ペイアウト率)

還元率(ペイアウト率)とは掛け金のトータルに対して実際に払い戻される額の割合です。

ペイアウト率が高いほどプレイヤー有利になり、たとえばペイアウト率120%のオンカジで100ドル賭けた場合、120ドルが払い戻される見込みになります。

ペイアウト率は一定ではなく、日によって率の高い機種は変わっていきます。

控除率(ハウスエッジ)

控除率(ハウスエッジ)とは胴元であるオンカジ側の取り分のことを意味します。

プレイヤーの取り分である還元率とは異なり控除率の高いオンカジほどサイトが有利になります。

オンカジ初心者用語集⑤:オンカジの攻略法関連

オンカジの攻略法についての用語を6つご紹介します。

  • マーチンゲール法
  • パーレー(逆マーチンゲール)法
  • モンテカルロ法
  • ハーフストップ法
  • 1235法(グッドマン法)
  • 10%(テンパーセント)法

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは別名倍プッシュといわれ、1回目負けると2回目の掛け金を倍にして勝つまで賭ける攻略法で、理論上では確実に残高を増やせます。

パーレー(逆マーチンゲール)法

バーレー法とは別名、逆マーチンゲール法と呼ばれ、負けるまで倍プッシュ(倍賭け)し、勝利を重ねるたびにベット額を2倍にする攻略方法です。

バーレー法はマーチンゲールと異なり勝ちを前提としているため、少ない軍資金でも大きく勝てます。

一方で1度でも負けるとマイナス収支になるのでリスクが大きい反面もあります。

リスクヘッジとして「3連勝したらプレイをやめる」など自制するラインを必ず決めておきましょう。

モンテカルロ法

モンテカルロ法はリスクを最小限に抑える攻略法で「1・2・3」の数列から始め負ければ両端を足した額をベットしていきます。

一方で勝てば両端の数字を1個消します。
※3倍を当てた時は2個消します※

例えば、1回目「1・2・3」の場合、ベット額は4ドル。負ければ「1・2・3・4」と数字を増やし両端の数字を足したベット額を賭けていきます。

勝って数列がなくなるか数字が1になった時理論上、プラス収支になる理論で、ルーレットなどのゲームで実践しやすいです。

ハーフストップ法

ハーフストップ法とは収益の1/2をベットせず残す攻略方法です。

例えば、100ドル資金から150ドル目標を立てた場合、125ドル勝った時点でプレイを止めます。

ハーフストップ法のメリットは2つです。

  • 目的金額の1/2を残せる
  • 慎重に賭けるので負け額をおさえられる

1235法(グッドマン法)

別名1235法のグッドマン法は別名の通り連勝した時に「1・2・3・5・5・5」とベットし続ける攻略方法です。

4勝以上でベットが5と効果が強くなり、チャンスが少なくても利益をあげられるのが特徴です。

一方で勝ちが前提なので勝ち続けなければ残高を増やすことが困難なことから、勝率の高いルーレットで使用されます。

10%(テンパーセント)法

テンパーセント法とは常に残高の10%を賭ける攻略付で連勝するとベット額と残高が増えるメリットがあり、かつ負けが続いても残高の急激な減少をおさえられます。

まとめ

オンカジ用語を解説いたしました!

プレイ前もプレイ後も当記事の解説はとても大切なので、ブックマークしておくと便利ですよ!

ぜひご参考ください。

オンカジ 用語初心者の方へ