ライブカジノ イカサマ
UPDATE:2021.07.16

「ライブカジノ」にイカサマあるのか!真相について徹底解析!

ライブカジノ

オンカジ全てにおいても「イカサマ」や「詐欺」と言った不安は初めてオンカジを遊んでみようというユーザー全てが抱きますよね。

実際、オンラインでギャンブルできるなんて、怪しさしかありませんww

特に「ライブカジノ」に関しては多くのユーザーが「イカサマされてるんじゃないか」と不安になるはずです。

「ライブカジノ」が特に注目されるには大まかな理由があります!

それはリアルタイムで人であるディーラーがゲームを進行しているからです。

これによって、ランドカジノでも頻発しているディーラーのイカサマ行為が行われているのでは…という疑念に結び付くのです。

1:ライブカジノにイカサマの可能性

では実際にライブカジノにイカサマはあるのか…その真相について調べたので、ライブカジノゲームを代表するジャンル毎に紹介していきます。

  • ルーレットのケース
  • バカラのケース
  • ブラックジャックのケース
  • ポーカーのケース

可能性①:ルーレットのケース

ルーレット
ライブカジノで行われるテーブルゲームの中で最もイカサマの可能性があるといえるゲームになります。

そもそも、昔からルーレット盤を改造し、ボールが回る溝を深くするというイカサマが行われていました。

現在はその溝も浅く作られており、ディーラーの匙加減でどうにかなる仕様ではなくなっています。

そこを踏まえるイカサマの可能性は低くなりますが、実際ルーレットは最もディーラーの思い通りに作れるゲームなので、そこへの疑念はありますね。

例えばボール自体に磁石などを仕込むといったように…。

可能性②:バカラのケース

バカラ
バカラの場合、バンカーかプレイヤーのどちらが勝つかを予想するゲームとされていますが、ことはそこまで単純ではありません。

ディーラー側もゲーム進行をしっかり、頭で考えなければいけないので、相当なやり手でない限り、正直、イカサマする余裕はありません。

もしあるとすれば「参加がベット後、ベットしていない側を勝たせる」という方法があると言えます。

ただ、上記の可能性もリアルタイムで中継されているライブカジノで変な動きをしていたらすぐにわかります。

それに参加者の手の内だってわかりようがありません。これらを踏まえてもバカラでのイカサマの可能性は低いといえますね。

可能性③:ブラックジャックのケース

BJ
ブラックジャック、プレイヤーとディーラーの勝負がウリです!

21により近い手札の方が勝利というのがブラックジャックの基本ルールになりますが、ブラックジャックもライブカジノでのイカサマはできないと判断できます。

ブラックジャックの参加者は複数人且つ全員がヒットするかスタンドするかという選択肢があるので、ディーラーはまず予測することができないです。

他にもディーラーには縛りがあり、16以上になるまでヒットしなければならないので、ランダム性がさらに強固なものになります。

ここまで、そろっているとランドカジノはまだしも、ネットで全世界から見られているライブカジノのブラックジャックも可能性は低いおいえます。

可能性④:ポーカーのケース

ポーカー
ポーカーもブラックジャックと同じく、プレイヤーとディーラーの勝負がメインになっていきます。

ポーカーの場合、プレイヤー手札の交換を行いますが、ディーラー側はプレイヤーが何枚交換するかなんてわかるわけもありません。

他にもディーラー側にはブラックジャックと同じく制限があるため、小細工ができません。

ポーカーにはいくつか種類があり、その種類ごとにディーラー側の縛りも変わってきます。

ここで、一回一回イカサマをしてたらいつばれるのも時間の問題になります。可能性は低いでしょう。

2:極論!オンカジにイカサマある!?

以上、紹介したようにライブカジノでのイカサマは理論上、難しいと考えられます。

そもそもがライブカジノというのはリアルタイムでのゲーム進行になるので、常にプレイヤーから監視状態にあります。

なにか不自然な動きを急に行った不思議になるはずです。

ライブカジノにイカサマは難しいというのは分かりましたが、実際、大本であるオンラインカジノにイカサマの可能性はあるのか…。

結論、こちらもイカサマはないと言えます。

その根拠を説明していきましょう!

理由:国際ライセンス習得の有無

ライセンス
現在、日本国内の法律においてオンカジの利用は違法にあたりません。

オンカジの業者はオンカジの運営を法律で許可している国のライセンスを取得し、取得国で行われているからです。

これによって、日本でのプレイも違法でなければ、オンラインカジノがクリーンということが国よって定められていると言えます。

イカサマをしようものなら、ライセンスはもちろん、剥奪。運営は停止。と色々、終了ということになります。

これらを考えても、オンラインカジノ側がイカサマを行うことはデメリットでしかないと言えますね!

オンラインカジノ側がイカサマをしないと断言できるのであれば、それはライブカジノでも同じことが言えるということにも繋がりますね!

3:こんなオンカジはイカサマ!注意が必要な3つのオンカジ

では、どんなオンカジが危険とされるのか…注意してほしいオンカジのタイプを3つ紹介します!

  • ライセンスを取得していない
  • 運営会社の詳細がない
  • 日本に店舗を構える「インカジ」

3-1:ライセンスを取得していない

これは前途でも説明したようにライセンスを習得していないオンラインカジノです!

ライセンスを持っていないオンラインカジノは言ってしまえば、違法運営と同じです。

見つけたらまず、利用しないことが大事です!これがイカサマに繋がることもあります。

ライセンスの有無、ほとんどのオンラインカジノで確認が取れます。

以下の画像の様にサイト最下部にライセンスの有無が記載されていますので、必ず利用前に確認していきましょう!
ライセンス

3-2:運営会社の詳細がない

詳細
基本的にオンラインカジノは自身の情報をユーザーに示す必要があります。

サイトの下部に会社の名前の記載があったり、会社の概要を記載したページが存在します。

徹底的に調べるのであれば、記載された会社名などを検索してもいいですね!

3-3:日本に店舗を構える「インカジ」

インカジ
日本でのカジノ営業は法律で禁止されています。近々法案が可決されるという噂もありますが、現段階では完全に違法になるのが「インカジ」になります。

「インカジ」は「インターネットカジノ」の略称で、日本でのカジノ営業を行っているものを指します。

具体的に言うと、雑居ビルなどに店舗を構え、店舗内でオンカジをプレイし、勝ったお金は店舗側が支払う、基本的な金銭のやり取りは店舗内で行われるということです。

この「インカジ」完全に違法なので、絶対にプレイしないようにしましょう!

全く知らずに初めてプレイするのであれば、選択するのは「オンラインカジノ」一択です!

100%安全な状態をつくるのであれば、注意するに越したことはありません!

4:安心安全に使えるライブカジノサイト「ライブカジノハウス」

ライブカジノハウス
「ライブカジノハウス」は年々人気を集めてきている期待のオンラインカジノになります!

「ライブカジノハウス」という名の通り、ライブカジノに特化したライブカジノメインのオンラインカジノなのです!

総勢500名以上の美人・美男なディーラーも採用しています!ライブカジノやるならライブカジノハウスで決まりです!

■「ライブカジノハウス」3つのおすすめポイント

  • アジア随一のライブゲーム数!
  • 専門掲示板によるプレイヤーサポート!
  • Android版アプリのリリース!
ここから登録でボーナス30ドル+フリースピン20回プレゼント!

ライブカジノハウスを見に行く(オフィシャルサイトへ)

まとめ

結論「ライブカジノはもちろん!オンラインカジノではイカサマは行われていない」という認識で問題ありません。

そもそも、イカサマが日常的に行われていたら、現在、オンラインカジノは潰れているはずですww

運営側にもメリットがないので、今後もイカサマが行われる可能性は低いと言えます!

ただ気を付けていくに越したことはありませんので、注意はしていきましょう!

ライブカジノをもっと詳しく!

ライブカジノ