UPDATE:2021.10.14

【オンカジ】の 税金は払うべき! その理由と確定申告の仕組みを教えます!

税金

オンカジで得た勝利金に税金が係るか気になりますよね!

オンカジでは「一時所得」という所得に分類されます。

年間で50万円以上場合、確定申告が必要となります!

正し、下記の場合には確定申告を必要としません。

年末調整を行う会社員の場合・年間利益90万円を超えていない場合

このように少しオンカジの税金関係は複雑となっております!

今回、そんな税金関係の話を紹介していきます!

この記事で解説していること
✓オンカジと税金の関係性
✓課税金額の計算方法
✓確定申告について

オンカジは「一時所得」だから課税

一時所得
「一時所得」と一口に言っても、完璧に知っているという人は意外と少ないでしょう。

一言で一時所得を説明すると「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の臨時、偶発的な所得で、労務やその他の役務または資産の譲渡による対価としての性質を有しないもの」となっています。

簡単に言うと給料以外で得た、営利目的の収入を指すということになります!

■一時所得とする事例

  1. 一時的な所得であること
  2. 働いたことによって得た所得ではないこと
  3. 資産の売却によって得た所得ではないこと
  4. 営利を目的とする継続的な行為から生じたものではないこと

一時所得に分類される5種類

具体的な一時所得の詳細を紹介いたします。

一時所得に分類されるのは以下の5種類に定められています。

■国税庁の資料

  1. 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除く)
  2. 競馬や競輪の払戻金
  3. 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除く)や損害保険の満期返戻金等
  4. 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除く)
  5. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

上記5種類の内、オンカジに該当するのは1と2になりますね!

これを見ればオンカジで税金を支払う必要があるということが一目でわかります。

オンカジで稼いだのに申告納税をしないと、脱税として犯罪行為に当たりますので、注意が必要です!

オンカジで必要不可欠!確定申告の方法

確定申告
オンカジでいざ、確定申告をしなければいけない!という時の為に確定申告の方法を最低で知っておくべきこといくつか紹介していきます!

  • 申告時期は2月16日から3月15日
  • 申告するのは前年(1月1日から12月31日)にオンカジで稼いだ利益額
  • オンカジの確定申告で利益額ごとの税率及び控除額

申告時期は2月16日から3月15日

申告制限はオンカジと一般的な確定申告と同じです。

■時期
2月16日~3月15日

ただ、例外の場合、期限が延長するということもあります。

例えば2020年から広まったコロナウイルスの影響が出ている今の時期は延長されるといことがあります。

期限内に申告しない場合、追徴課税もしくは延滞税の対象となるので、無駄に税金を払うというリスクが生じてしまいます。

なので必ず期限を守るようにしていきましょう!

申告すべきは前年のオンカジで稼いだ利益額

オンカジの確定申告をすべき申告は前年1年間の利益額になります。

なので、年明けに出た利益に関しては翌年の申告対象となるということです。

オンカジ利益額の計算方法

オンカジの利益額は以下のように算出することができます。

■計算式
利益額=1年間の総出金額-1年間の総入金額

ここで注意したいのが、オンカジから電子決済サービスに出金した金額は含まないということになります。

銀行口座に着金した金額が利益額の対象となるということを覚えておきましょう。

一時所得の計算方法

オンカジの利益は全て一時所得として計上されるということになります。

1年間の利益額計算を終えたら、一時所得の計算式に当てはめ、一時所得金額を算出していきます。

■計算式
一時所得=(利益額ー特別控除額50万円)×2分の1

オンカジの確定申告で利益額ごとの税率及び控除額

オンカジに限らず所得税は累進課税を採用しているので、自分の勝ち額が増えて行けば行くほど税率も課せられます。

■具体的な利益額ごとの税率及び控除額

一時所得の金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超330万円以下 10% 9万7500円
330万円超695万円以下 20% 42万7500円
695万円超900万円以下 23% 63万6000円
900万円超1800万円以下 33% 153万6000円
1800万円超4000万円以下 40% 279万6000円
4000万円超 45% 479万6000円

最終的、税額に関しては「一時所得金額×税率ー控除額」で算出可能となっています。

確定申告3つの必要書類

確定申告を行う際、絶対に必要な書類が3つあります。

■3つの必要書類

  1. 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  2. 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)
  3. 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)

支払調書に関しては、オンラインカジノ側に直接問い合わせて受け取る、自身で収支明細をプリントアウトする、自身でつけていた帳簿などで問題ありません。

書類を受け取った後は、確定申告を行うだけです。

もし分からないことがあっても税務署に直接聞けば確実な回答をいただけます。

参考URL:国税庁

オンカジの確定申告手順!6つのステップで紹介

etax
実際のオンラインカジノに確定申告の際に行う手順を6つのステップで紹介していきます。

税務署で「e-tax」と呼ばれるサービスにてPCやスマホから申告が可能となっています。

今回はそんな「電子申告」の方法を紹介していきたいと思います。

紙媒体で申告を行うより断然、お手軽で便利になっています!

ステップ①:まずは「e-Tax」確定申告書作成ページにアクセスします。

「e-Tax」確定申告書作成ページ
作成ページトップにアクセスします。URLは下記をご確認ください。
参考URL:確定申告書作成ページ

ステップ②:右上にある「確定申告書等の作成はこちら」から作成を開始


「確定申告書等の作成はこちら」からアクセスし、次のページにある「作成開始」をクリックします!

ステップ③:次のページで3つの方法の内、該当するものを選ぶ

選択肢
3つの内、自身が利用したい方法を1つ選択します。

選択を終えたらページ下部にある「利用契約に同意して次へ」をクリックします。

ステップ④:次のページにて「所得税」を選択

「所得税」
申告したい年度と「所得税」を選択し、「作成開始」をクリックします。
作成開始

ステップ⑤:所得種類から「一時所得」を選択

「一時所得」を選択
「収入金額・所得金額」というページに移動したら「一時所得」を選んでクリックします。

ステップ⑥:オンラインカジノでの利益詳細を記載

入力
オンラインカジノで得た利益について詳細情報を記載していきます。

詳細項目は以下の通りです。

■詳細項目

  • 種目
  • 名称
  • 場所
  • 収入金額(銀行口座への着金額)
  • 必要経費(オンラインカジノへの入金額)
  • 源泉所得税額

オンラインカジノの場合、種目・名称・場所の入力にどう入力するべきか迷いますよね!

その場合は上記3箇所の入力は空欄で問題ありません。

収入金額と必要経費に関しては自身の記録を入力していきましょう。

源泉徴収額は0で問題ありません。

一時所得金額の確定

最後に、自動的に一時所得金額の合計が表示されます。

以上が確定申告時の手順になります。

複雑に見えますが、手順や説明通り行えば必ずできるので、無駄に飛ばしたりせず、しっかり説明を読んでいきましょう。

下記の動画でも詳しく紹介しているので、併せてご覧ください。

まとめ

オンカジをやってると、少し忘れがちですが、税金は払う義務があるものです。大勝したいのであれば、しっかり覚えておきたいですね!

正直、難しいと言って懸念しがちですが、調べてみると意外と情報があるので、まず分からなかったら調べてみる!も必要なことです!

税金についての詳細は下記をチェック
税金