Wストリート5ベット法
UPDATE:2021.11.12

勝率81%のWストリート5ベット法とは?正しいやり方とメリットデメリットを紹介!

賭け方(ベット方法)

Wストリート5ベット法はルーレットで使える勝率81%のベット方法です。

勝率81%ならば誰でも勝つことができる必勝法のように感じるかもしれませんが、コツコツと小さい利益を積み重ねられるメリットがある一方で、致命的なデメリットもあります。

それを知らずにWストリート5ベット法を実践してしまうと大きなマイナス収支を叩き出してしまう可能性もありますので、必ず正しいやり方とメリット・デメリットは把握しておきましょう。

この記事では、ルーレットで使えるWストリート5ベット法を詳しく紹介していきます。

ルーレットが好きな方はもちろん、必勝法のベットシステムを使いたい方はぜひ参考にしてください。

この記事で解説していること
✓Wストリート5ベット法の使い方
✓メリットとデメリット
✓勝つために押さえておくべきポイント

Wストリート5ベット法の正しいやり方を紹介

Wストリート5ベット法

Wストリート5ベット法の勝率81%は大袈裟に表現しているわけではありません。

本当に81%の確率でプレイヤーが勝つことができます。

Wストリート5ベット法の正しいやり方は以下の通りです。

■プレイ方法

  • ルーレットのインサイドベットを使う
  • ストリートの交点にチップを置く(縦2列で合計6個の数字を押さえる)
  • チップを5箇所に置いて30個の数字に賭ける
  • 賭け金はすべての箇所で同一にする

上記画像を見てもらえればわかりやすいのですが、使うのは1から36の数字が書かれているインサイドベットです。

ストリートの交点にチップを置くことでルーレットでは一度に6個の数字を押さえることができるため、同じ額のチップを同時に5箇所に設置していきます。

すると、0を含めた37個の数字のうち30個に賭けていることになるため、勝率は81%になるというわけです。

つまり、37個中外れる数字は7個だけということになります。

インサイドベットの配当は6倍。

5箇所に1ドルを賭けた場合は的中したら6ドルの配当を得られるので1ドルの収益ということになります。

もちろん賭け金を10ドルにすればその分見返りも大きくなりますが、6連勝する前に1回でも負けると損失を出すということも忘れてはいけません。

Wストリート5ベット法は勝率の高い方法でコツコツと小さい勝ちを積み重ねていく戦法です。

Wストリート5ベット法の3つのメリット

Wストリート5ベット法のメリット

■3つのメリット

  1. 勝率が高い
  2. 精神的な負担が少ない
  3. 初心者でも簡単

Wストリート5ベット法を使ってルーレットをプレイするメリットを紹介していきます。

勝率が高い

勝率が高い
冒頭でも説明した通り、Wストリート5ベット法は37個の数字のうち30個をカバーするベット法なので勝率が81%と非常に高いという大きなメリットがあります。

理論上は5回に4回は勝つ計算になりますので、調子が良い時は10連勝以上するケースも珍しくはありません。

パチンコやスロットをプレイする方ならわかると思いますが、的中確率81%のリーチは激熱と表現しますよね。

Wストリート5ベット法は常に当たる確率が高い激熱状態ということです。

とにかく当てて楽しみたいという初心者の方にはとくにおすすめの手法であるといえます。

精神的な負担が少ない

精神的な負担が少ない
広く浅くベットするWストリート5ベット法は精神的な負担が少ないというメリットもあります。

単位を決めたらベット額は基本的に同一なので、軍資金が少なくてもプレイできます。もちろん大金を賭けた大勝負もできますが、勝率が高いので精神的な負担はそこまで大きくありません。

必勝法の中には賭け額が増え続けるという精神的な負担が大きいものもありますが、Wストリート5ベット法はベット額を自分で調整できるため、ヒリヒリした勝負にまで発展しません。

初心者でも簡単

初心者でも簡単
交点に同額のチップを置いて6個の数字をカバーするだけなので、ルールが非常にシンプルで初心者も扱いやすいというメリットもあります。

ここで負けたら次は幾らを賭けなければいけないといったベット法ではありませんので、計算することもありません。ただ5つのエリアに賭けるだけというシンプルさも大きな魅力です。

Wストリート5ベット法の2つのデメリット

Wストリート5ベット法のデメリット

■2つのデメリット

  1. 連勝しても少額しか稼げない
  2. 勝率が高い反面、負けた時のマイナス分が大きい

続いては、Wストリート5ベット法を実践するデメリットを紹介していきます。

連勝しても少額しか稼げない

Wストリート5ベット法の最大のデメリットともいえるのが、仮に連勝しても少額しか稼ぐことができないという点です。

広く浅くベットするシステムなので、一攫千金を狙うことはできません。

Wストリート5ベット法は5箇所にベットして6倍の配当を得るものなので、賭け金を1ドルに設定した場合は1勝で得られる利益は1ドルのみです。

5連勝しても5ドル10連勝しても10ドルであることを考えると、大きな利益を得る目的では使いにくいベットシステムであるといえます。

やり方の項目でも軽く触れましたが、Wストリート5ベット法は大金を稼ぐのではなくコツコツと小さな勝ちを積み重ねていく時に使うものです。

このデメリットを理解したうえで利用を検討するようにしてください。

勝率が高い反面、負けた時のマイナス分が大きい

Wストリート5ベット法は勝率が高い反面、負けた時のマイナス分が大きいデメリットがあります。

たとえば1ドルを賭け金に設定してプレイした場合、1度でも負けてしまうとマイナス5ドルです。

前述したようにWストリート5ベット法は1回の勝利で1ドルしか利益がありませんので、取り返すためには5連勝しなければいけません。

Wストリート5ベット法の勝率は81%なので、理論上は5回に1回は負ける計算です。

数字だけを見ると5連勝を必ずしなければいけないというのは難しいように感じますよね。

もちろん勝率81%なので、ほとんど負けません。調子が良いときは連勝を積み重ねることができるでしょう。

しかし、1回の負けが大きく収益が少ないので、負けが続くと思わぬ大敗を喫してしまう可能性があるということを忘れてはいけません。

Wストリート5ベット法で勝つために押さえておきたい3つのポイント

Wストリート5ベット法

メリットとデメリットだけを見てみると、勝率は高いものの収益は少なく、負けた時のダメージが大きすぎるという印象を持ってしまうかもしれません。

しかし、Wストリート5ベット法は以下で紹介するポイントさえしっかりと押さえておけば、オンラインカジノの実践にも使えるベット法です。

逆をいえば、以下で紹介するポイントを押さえていなければ、Wストリート5ベット法はあまり得策なベット法とはいえません。実際に使う際は必ず以下で紹介するポイントを押さえましょう。

  1. 必ずヨーロピアンルーレットで使用する
  2. バーネット法と組み合わせる
  3. 回数を事前に決めておくと良い

必ずヨーロピアンルーレットで使用する

ヨーロピアンルーレット
カジノのルーレットには「ヨーロピアンスタイル」「アメリカンスタイル」の2種類のルーレットがあります。

違いは「00」があるかどうかです。

前述したようにWストリート5ベット法はルーレットのインサイドベットを使用するベット法なので、「0」と「00」には賭けることができません。

というわけで、少しでも100%的中しない数字がないヨーロピアンルーレットを使うのが得策です。

当然ですが、それはWストリート5ベット法の勝率も証明しています。「ヨーロピアンスタイル」と「アメリカンスタイル」の勝率は以下の通りです。

  • ヨーロピアンルーレット⇒勝率81%
  • アメリカンルーレット⇒勝率79%

たったの2%ではありますが、絶対に当たらない「00」が入っているアメリカンルーレットの方がWストリート5ベット法の勝率は低下します。

しかし、この「たった2%」がベットシステムでは非常に重要で無視できない数字です。

そのため、アメリカンルーレットでは絶対にWストリート5ベット法は行ってはいけません。

バーネット法と組み合わせる

Wストリート5ベット法は単体では収益が低いベット法ですが、バーネット法と組み合わせることでそのデメリットを改善してくれます。

バーネット法とは連勝が続くことで利益が確定する攻略法です。

反対にいえば連敗すれば大きな額を失うことになりますが、連勝が続けば大きな収益を得られます。

そのため、Wストリート5ベット法のように勝率が高いベット法とは相性がいいのです。

Wストリート5ベット法とバーネット法を組み合わせた場合は、賭け金を勝利する度に変更していきます。

■手順

  1. 勝利したら「1⇒3⇒2⇒6」と賭け金を変えていく
  2. 途中で負けたら最初の賭け金に戻す
  3. 最後の6ベットに勝っても最初の1に戻す
  4. ベット額を変えるのは4連勝だけの短距離走(以降は賭け金を上げない)

この方法を使えばWストリート5ベット法のデメリットである収支が少ないとを改善できます。

勝率81%のWストリート5ベット法は2連勝する確率が66%3連勝が53%4連勝が43%と高い数字が並びます。

そのため、4連勝するまでに大きな収益を上げることを考えた方法がこの組み合わせです。

当然ですが途中で負ければ1に戻し、4連勝して大勝した後も1に戻します。これ以上賭け金を上げて勝負するのは数字上も非常にリスキーなので推奨できません。

回数を事前に決めておくと良い

Wストリート5ベット法は低いリスクでコツコツを収益を上げていくベット法です。

しかし、前述したようにバーネット法と組み合わせることで、連勝を積み重ねれば大きな収益を上げられるものに変貌します。

Wストリート5ベット法は運要素が非常に高いものです。テクニックは必要ありませんので、必要以上に連勝することもありますし、連敗することもないとはいえません。

勝率は81%と非常に高いのですが、連敗することも珍しいものではありません。

そのため、事前に回数を決めておくと良いでしょう。

Wストリート5ベット法でコツコツと収益を上げるコツは、勝っている時にスッパリと辞めることです。

そうすれば勝率の高いベット法であるWストリート5ベット法でも、小さい勝ちをコツコツ積み重ねて大きな利益を手に入れることができます。

まとめ

ルーレットのベットシステムであるWストリート5ベット法の正しいやり方、メリットとデメリット、勝つために押さえておきたいポイントを紹介してきました。

勝率81%で初心者でも簡単に実践できるシンプルな仕組みになっていますが、収支が少なく大勝することが難しく、負けた時のダメージが大きいというデメリットがあります。

Wストリート5ベット法を実践する場合はぜひ上記で紹介したバーネット法と組み合わせた応用を試してみてください。

■3つのメリット

  1. 勝率が高い
  2. 精神的な負担が少ない
  3. 初心者でも簡単
■関連記事をクリック
賭け方(ベット方法)