UPDATE:2021.04.23

【国税庁】オンカジの税務調査は絶対に逃げられない!仕組みと最善策を5分で解説

オンカジコラム税金

オンカジで大勝した時やこれからオンカジを始める時「税務調査」って超気になりますよね?

オンカジは所得税の対象なので50万円以上稼いだ場合、確定申告が必要です。

かりに確定申告せずに税務調査が入った場合、最悪10年以下の懲役or1,000万円以下の罰金になるので、私はしっかり確定申告することをおすすめします。

当記事ではオンカジを使って税務調査の体験談や税金の仕組み、脱税バレについて解説していきます。

すでにオンカジを使っている方やこれから使う方は必ず当記事をチェックしてください。

この記事で解説していること
✓税務調査について
✓オンカジで税務調査に気を付けるための注意点
✓「オンカジ!」の見解
この記事は5分で読み終わることができます。

オンカジって税務調査ってくるの?

オンカジって税務調査ってくるの?
オンカジで稼いだお金は所得税の対象となるため税金がかかります。

出金は電子決済であっても銀行口座を介しますので記録が残ります。

もし税務署のチェックにひっかかると税務調査が入り、確定申告の修正申告をする必要があるのでご注意ください。

\合わせて知りたい!/

オンカジの税金の仕組みを解説

オンカジで得た利益を申告しないまま、税務署のチェックに引っかかると税務調査が入ることを紹介しました。

「オンカジの税金ってどういう仕組みなの?」と根本的な疑問をお持ちの方も多いでしょう。

オンカジの税金の範囲は「配当金-ベット額=利益」で、税金の種類は一時所得に含まれます。

ベット額は経費として認められるため100ドルベットで200ドル稼いだ場合、差し引いた額「100ドル」が利益になります。

ただし、50万円の控除があるので、円換算で50万円以上利益を出していなければ非課税なので、確定申告する必要はありません。

詳しくは別項で紹介しますが、50万円以上利益が出た場合は必ず確定申告で所得税として申告しましょう。

《控除額》と《税率》については、《所得額》によって以下の表のように決められています。

所得額 控除額 税率
195万円以下 0円 5%
195万円超~330万円以下 97,500円 10%
330万円超~695万円以下 427,500円 20%
695万円超~900万円以下 636,000円 23%
900万円超~1800万円以下 1,536,000円 33%
1800万円超~4000万円以下 2,796,000円 40%
4000万円超 4,796,000円 45%

オンカジで税務調査が入ると逃げられない

逃げられない
オンカジで税務調査を経験したことがある方いるのか国内最大の匿名掲示板「5ちゃん」で検証してみたところ、税務調査の詳細な体験談は見つからなかったものの、オンカジ税務調査に関する気になるスレがありましたので、レスが引用します。

ベラジョン

原則、銀行から税務署に自発的に報告はされないことになっている。

ただし海外からの異常なやりとりか、国内でも数千万の資金移動は報告される。

だからカジノからの直振込はやめといたほうがいい。そもそも銀行が拒否する。

カジノからの振込を住信SBIや楽天は拒否する。UFJは緩い。でも100万200万をカジノからエコペとかビーナスで受け取ってる分には99%大丈夫だろう。

そんなことよりも怖いのは、おまえらが個人事業主や法人の代表だった場合や自分で確定申告しているケースだな。

リーマンならまず大丈夫。自分で確定申告していると、極端な赤字出したり不可解な出費があったりして「別件で」税務調査の対象になったときに、「あれ?この旅カジってとこからの80万は何ですか?ってなる。

そうなるとアウト。

あと、>>15 みたいなのんきな奴にいっとくが、修正申告になって、税務署員にぴったりくっつかれたら死亡確定だからな。

いっとくが、(カジノからの出金 – カジノへの入金) が課税対象ではないからな。

例えばバカラで1回1万円賭けて、100戦60勝40敗した場合、20万しか勝ってないけど、課税対象は個々の勝ちゲームのトータル勝利金の60万円。この半分が雑所得で引かれると税額30万円。20万しか勝ってないのに30万払わないといけないんだぜ?しかも税金は積み上げ方式。いったん30万の税金が確定すると、その後いくら負けても税金は減らないんだ。

BJやバカラなど勝てば倍ゲームを何ヶ月もやってるとすると、カジノからの入金がトータル200万くらいあったら税金は余裕で1000万は超えるだろうな。

そしてなにより怖いのは、税金は自己破産しても免除されないんだぜ。
バカラで1万円賭けゲームで1000回勝った経験のあるやつは、税務署員にぴったり張り付かれて、オンカジの画面見させられて計算されると500万の税金になる。この支払からは一生逃げられない。

引用元【オンカジで儲けて税務署から連絡きたことある?】:https://mao.5ch.net/test/read.cgi/gamble/1597687865/16

レス要点まとめ

  • 銀行から税務署に自発的に報告はされないが、海外や国内で大金を動かすと報告される
  • 100万200万をカジノからエコペとかビーナスで受け取ってる分には99%大丈夫
  • 個人事業主や法人の代表だった場合は危険
  • カジノからの出金 – カジノへの入金が課税対象ではない
  • 税金は自己破産しても免除されない

課税対象は個々の勝ちゲームの総合勝利金なので、かりに30万円の税金が確定したあと、何度も負けても税金は減らないので注意しましょう!

また、税務調査が入ると署員にオンカジの画面を見せさせられて計算されるので逃げることはできないでしょう。

\オンラインカジノでの逮捕リスク/

オンカジで税務調査が入ってバレると最悪10年以下の懲役or1,000万円以下の罰金

懲役or1,000万円以下の罰金
オンラインカジノで税務調査が入って脱税がバレると一般企業や個人の脱税と同様の扱いを受けます。

脱税の罪の比重は意図的であったか・修正申告に応じたかで異なり、悪質な場合、10年下の懲役or1000万円以下の罰金になる可能性がありますので、注意しましょう。

悪質性が少なく額も少ない場合は税務署からの「任意調査」になります。

任意調査の場合は申告漏れの指摘を受け修正を命じられられるのが一般的で、通常の税金に追徴課税が上乗せになります。

特に所得を隠すなど金額が高く悪意のある場合、家やオフィスに強制調査が入り、逮捕や立件される可能性が非常に高いので、私としては50万円以上の利益を得た時は必ず確定進行をすることをおすすめします。

ベラジョン

当サイトによるオンカジの税金についての見解

当サイトの見解は「Eウォレットにある資金に税務調査が入る可能性は低い」です。

国内の銀行であれば調査は容易ですが、海外企業になると調査がしづらい、かつオンカジ側としては自国外の税務調査のためユーザーのデータを積極的に開示する可能性は低いでしょう。

一方で国内の銀行に出金された額はマークされる可能性は高いので注意しましょう。

ただし、現時点でオンカジで脱税して捕まったニュースは、見たことありません。

最近人気を博しているオンカジ、競馬など他ギャンブルでは脱税の事例がありますので、今後さらに注目が集まると税務署の目も厳しくなるかもしれませんね。

オンカジで税務調査が気になる方は月50万円以下を目安にしよう

最後にオンカジで税務調査が気になる方へ税金対策をご紹介します。

それは「月50万円以下」を目安にすることです。

前項で紹介した通りオンカジの利益は一時所得に分類されるので、最高50万円の特別控除が適用されます。

総収入金額-収入を得るために支出した金額(注)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

引用元【国税庁No.1490】:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

「オンカジで遊びたいけど税務調査が怖い。。。」という方は月50万円以下になるように調整して遊びましょう!

ベラジョン

まとめ

オンカジの税務調査についてご紹介しました。

オンカジで得た利益は一時所得なので50万円以上の利益は課税の対象になります。

今のところオンカジでの脱税ニュースはないものの、所得を隠すなど悪質な場合、最悪10年以下の懲役or1,000万円以下の罰金が課せられるので注意しましょう!

\合わせて知りたい!/
オンカジコラム税金