UPDATE:2021.07.21

【オンカジ】1作目は超人気一撃台!デッドオアアライブ2を検証!

スロット

スロットファン待望の後継機!デッドオアアライブ2がNetEnt社から2019年4月末に理リリースしました。

元々、前作のデッドオアアライブは同社の大人気スロットでファンにとっては待望の後継機と言った感じです。

ユーザーの間では高額配当を得た、ユーザーが多くいるとウワサになっています。

実際にその中には9$の賭け金から26753.13$(300万円)もの大金を得た幸せ者がいるとされています。

期待の後継機であるデッドオアアライブ2はどういったスペックになっているのか、どこが進化したのかなどデッドオアアライブ2について紹介していきます。

1:【大人気】デッドオアアライブ2の基本とスペック!

NetEnt社の人気機種であるデッドオアアライブ1の後継機であるデッドオアアライブ2について基本情報とスペックをまずは抑えておきましょう。

1-1:デッドオアアライブ2とは

デッドオアアライブ2とは
デッドオアアライブ2は西部劇がテーマとなっているスロットになります。

前作も同じく、西部劇がテーマとなっていましたが、そのクオリティは格段と上がっています。

細部まで拘っていて、NetEnt社の本気を感じます!

1番の目玉として、選択制となっている3つのフリースピンになります。

この3つの選択で大きく配当が変わるというカジノらしい演出があります。

1-2:デッドオアアライブ2のスペック

ゲームスペックは以下の通りです。

リール構成 ペイライン数 コインバリュー ベットレベル ペイアウト率(RTP)
5×3 9ライン 0.01~0.5 1~2 96.08%

こちらの機種はとにかくフリースピンの獲得まで回し続ける、シンプルなスロットゲームです。
WILDの図柄
WILDの図柄は全部で5種類!それぞれキャラが書かれていてわかりやすいです。

スキャッター図柄が3つ以上揃うと、ボーナス確定となります。
スキャッター図柄が3つ以上揃う
とにかく、通常時はこちらのスキャッター図柄3つ揃うのを願おう。

1-3:デッドオアアライブ2の基本ルール

基本ルールの説明になります。

①ペイラインは全部で9ラインあり。ペイライン上で左から右へ絵柄が揃ったら、成立になります。

②ワイルドは5種類あります。しかし、機能面は一緒なので、どの図柄が良いなどはありません。ワイルドが出現し、勝利コンビネーションが揃ったら、賭け金の1500倍が付与されます。

③ベースゲームにてスキャッターが2つもしくはそれ以上出た場合、配当が貰えます。5つ揃った場合、賭け金の2500倍もの高配当を得ます。

2:デッドオアアライブ2のフリースピンとは

デッドオアアライブ2のボーナスような存在です。

こちらのスロットの大目玉と言える、モード、フリースピンです。

スキャッターが3つ揃ったら、フリースピンを3種類から選択します。
フリースピンを3種類
下の矢印が右に行くほどハイリターンになります。

なので一番右の「HIGH NOON SALOON」がハイリスクのハイリターンといえます!

おすすめはもちろん…ハイリターンである「HIGH NOON SALOON」がもっともおすすめと言えます。

これには理由があり、リスクとは言ったものの、3つで大きなリスクの開きがあるわけではありません。

大きなリスク開きがないのであれば、バックが大きい方がオンカジの醍醐味を味わえてると感じます。

では、一つずつ仕様を説明していきます。

2-1:トレイン・ハイスト

トレイン・ハイスト
リールにワイルドが出現する度に1倍増加というシンプルなゲームです。

フリースピンの継続率だけで言えば一番と言えます。

デメリットとしては小当たり中心なので、一撃がでかい訳ではありません。
なので、大きい当たりを手っ取り早く、欲しい方には向いていないといえます。

2-2:オールド・サルーン

オールド・サルーン
こちらのゲームはマルチプレイヤーが常に2倍のフリースピンになります。

ワイルド絵柄が降りた場所に固定されて次のリールが回る、固定ワイルドがでます。

ワイルドが各リールに1つずつ出れば、フリースピンが5つ追加される仕組みになっています。

全体的に安定性のある、モードになりますね。

2-3:ハイ・ヌーン・サルーン

ハイ・ヌーン・サルーン
同じリール上にワイルドが2つ以上停止すると、マルチプライヤーが加算するフリースピンになります。

もっとも高配当が狙えるモードになります。

オールド・サルーンと同じくワイルドが停止するとその場に固定されて、全リールにワイルドが出現すると5回の追加のフリースピンの権利が得られます。

ワイルド図柄×2:マルチプライヤー×2
ワイルド図柄×3:マルチプライヤー×3

ないより、目指すはスーパーメガウィンです!!
スーパーメガウィン
ここに辿り着きたいのであれば、是非「ハイ・ヌーン・サルーン」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

3:デッドオアアライブ2はおすすめスロット!勝ち越した人多数

ここまで、紹介した通り、デッドオアアライブ2はかなりの優良台になっています。

では、実際にどれだけの勝ち実績があるのか、YouTubeでの勝ち記録をいくつか見ていきましょう。

3-1:実際に賭けてみた

YouTubeでは海外の人も含め、数多くのYouTuberが身をもってリアルな実践動画を配信しています。

お試しでオンカジが出来れば話は別ですが、実際、そこは賭け事なので、安易に手はだせません。

そんな時にこういった動画を気になるスロットのプレイ前に見ておくと、本当に色んな事で参考になります。

いわゆる、攻略のへの近道となるのです。

・kaekae channel
kaekae channel

こちらの動画はデッドオアアライブ2の中でもかなり奇跡的な挙動を魅せた、貴重な動画になっています。

ちなみに結果の詳細は7058倍の350万円の配当を得た!夢のような動画になります。

是非、最後まで刮目を…。

・ビタミンCH
ビタミンCH

この動画はシンプルな検証動画になります!

果たして結果は如何に…!!

5:デッドオアアライブ2を攻略するポイントは「137法」

正直、オンカジに決まった、攻略法なるものはありません。

オンカジのスロットなんて特にそうです。実際、大半を運が占めています。

では、本当に全く、攻略のしようがないのかと言ったら、それも違うのです。

何か、だいぶややこしい話にはなってしまいましたが、理論的に考えれば、攻略もないわけではないのです。

皆さんは「137法」を知っていますか?これは難しそうに見えてとても簡単な理論なのです。

簡単に説明します。

”勝った時に「1,3,7」とベット額を増やして行くだけです。”

①ゲーム途中で負けたらベット数を1に戻します。

②負けた時は1を賭け続けます。

「137法」はこれを繰り返すだけです。

とても簡単なことです。要は必要以上に賭けず自分自身で決めごととして賭け額を決めとくということになります。

この戦法のメリットは3つ。

①勝敗が同数でも利益が出る

②負け数が上回っても利益が出る

③賭け額が7ドルまでしか上がらないので低リスク

3つのメリットに対して、デメリット1つ。

①勝敗が交互に出現すると長引く

あくまでもこれは守りの戦法です。ガンガン攻めたい人には少々合いませんね。

これを攻略とみるかは本人しだいですが、運ゲーであるオンカジではこういった理論での攻略は必要不可欠と思ってください。

まとめ

デッドオアアライブ2は、前作を遥かに凌ぐ、クオリティとスペックで新登場しました。

仕様としてはとても、シンプルで分かりやすいものですが、高配当も十分に狙える、優良機になりますので、是非、プレイしてみてはいかがでしょうか!

スロット