オンカジ ハイローラー
UPDATE:2021.04.23

【オンカジ】ハイローラーにおすすめのカジノ3選

その他のオンカジオンカジ一覧

みなさんは「ハイローラー」という言葉をご存知でしょうか?

オンカジだけではなく、実際のカジノでも使われる言葉で「一度に高額のベットをするプレイヤー」という意味です。

この記事ではハイローラーの基礎知識、おすすめのカジノなどについて解説していきます。

ハイローラーに人気のオンカジ3選

ハイローラーに人気のオンカジ3選

ハイローラーにおすすめのオンカジをランキング形式で紹介します。

カジノごとに特徴、おすすめするポイントを書いているので、そちらもチェックしてくださいね。

1位:インターカジノ

インターカジ

ハイローラーにおすすめのオンカジNo.1は「インターカジノ」です。

個人的な主観も含みますが、いろんな面で一番使いやすいのがこのインターカジノでしょう。

インターカジノはあのベラジョンカジノの姉妹サイトですが、サイトの仕様はかなり違い、ハイローラーがメリットを受けやすくなっています。

プレイするたびにキャッシュポイントが貯まり、クレジット(キャッシュ)と交換することができます。

そしてこのクレジットは出金条件が1倍。

ゲームを繰り返しプレイし、最高ランクまで上がれば毎月5,000ドルのクレジットを獲得することも、そこまで難しくないはず。

銀行出金の上限額も10,000ドルと、出金面においてもハイローラー向けだと言えます。

2位:エンパイアカジノ

エンパイアカジノ

日本男子の憧れ、ゴールドフィンガー・加藤鷹さんが広告塔をしていた「エンパイアカジノ」もハイローラーにおすすめのオンカジです。

エンパイアカジノの最大の特徴はリベートボーナス。

一般プレイヤーでもリベートボーナスは獲得できますが、ハイローラーになるとその付与率が劇的に変わります。

リベートボーナスの付与率は、一般プレイヤーはスロットでは0.8%、ライブカジノでは0.5%ですが、最高ランクのVIP Diamond and Platinumになると、スロットで1.28%、ライブカジノで0.7%。

リベートボーナスはベットした金額によって付与されるボーナスなので、1%を超えるのはかなり大きいです。

また、ライブカジノのバカラの最高ベット額が60,000ドルなのも、イケイケのハイローラーには嬉しいところでしょう。

ハズした場合のダメージも大きいですが、バチバチのハイリスク・ハイリターン勝負ができます。

3位:ライブカジノハウス

ライブカジノハウス

「ライブカジノハウス」は名前のとおり、ライブカジノに力を入れているオンカジです。

ライブカジノのソフトウェアは業界トップクラス、プレイヤーの多いバカラだけでも93テーブルあります。

1ゲームの最高ベット額は60,000ドル、これはエンパイアカジノと同じですが、10,000ドル以上ベットできるテーブルが21あります。

ライブカジノハウスを3位にした理由は入出金の最高額が5,000ドルと、ハイローラーにとっては少し少額だからです。

何回かに分けて行えば問題ありませんが、やはり少しめんどうですよね・・・

とはいえ、高額ベットできるライブカジノがこれだけ充実しているのはとても魅力なので、ライブカジノ好きにはおすすめです。

ハイローラーとは

ハイローラーとは

冒頭でも紹介しましたが、「ハイローラー」とは「一回の勝負で高額のベットをするプレイヤー」という意味です。

この「高額のベット」という部分に、金額的な基準がハッキリあるワケではありませんが、ニュアンス的には「えっ、そんな大金賭けちゃうの・・・?」というベットをするのがハイローラー、という認識で問題無いかと。

ハイローラーにもいくつか段階(レベル)があるようなので、そちらも紹介していきます。

VIP

VIPは「Very Important Person」の略語で、日本語で言うと「上客・お得意様」という意味です。

VIPになると特別な待遇を受けられる、など、一般のユーザーよりも有利な条件でゲームをプレイできます。

カジノによっても基準は違うので、VIPになる条件はハッキリとはわかりませんが、多額の入金をしている、ベット額が高額、という2点がVIPになるための条件のようです。

ウェール

「ウェール」

この言葉はあまり馴染みがないのではないでしょうか?

ウェールとはハイローラーよりもさらに巨額のベットをする人のことを指します。

ウェールになるためには最低資金1億円以上、最低ベット金額は1000万円で、現在世界に500人ほどのウェールが居ると言われています。

ウェールが勝つか、負けるかでカジノの運営が左右される、と言うほどの存在なので、誰でも頑張ったらなれるものではありませんね。。。

ハイローラーになる方法・条件

ハイローラーになる方法・条件

ハイローラー、VIPになることで待遇が良くなるなら、誰もがなりたいですよね。

しかし、ハイローラー、VIPに認定されることは簡単ではありません。

先ほどVIPに認定される条件は「入金額とベット額」と書きましたが、その基準は相当キビしいです。

カジノによって基準は違いますが、遊びレベルのお金の使い方では、まず認定はされないでしょう。

しかも認定は「一定期間内の実績」を基準に判断されることがほとんどです。

一度ハイローラー、VIPになれたとしても、一定期間でこの基準を満たせなかった場合、ランクの降格、一般ユーザーに逆戻りする可能性もあります。

そのため、いろんなカジノでお金を使うよりも、ひとつのカジノに絞ってプレイする方がVIP認定されやすいです。

ハイローラーになることのメリットは

前述のとおり、ハイローラー、VIPになると待遇が良くなりますが、その内容とはどんなものか、気になりますよね?

リアルのカジノではホテルのルームサービスが無料になる、リムジンでの出迎え、などの待遇を受けられますが、オンカジでは下記のような待遇が受けられます。

・VIP限定のボーナスをもらえる
・VIP専用テーブルでプレイできる
・リベートボーナスやキャッシュバックの割合、額が大きくなる
・豪華賞品を無料でもらえる
・入出金限度額の引き上げ
・一般ユーザーに比べて出金のスピードが早い
・専属マネージャーによるサポートアリ

オンカジなので物理的な待遇を受けられるワケではありませんが、この待遇を受けられるのはかなりおトクです。

特に、入出金限度額の引き上げはハイローラーにとっては重要で、ベット額も大きい分、入出金の額もハンパではなく、通常の限度額だと、希望の額を一度で入出金できないこともよくあります。

VIP専用テーブルっでプレイできるのも、高額ベットの勝負をするうえでは非常に重要なポイントです。

とんでもないハイローラーは実在する!世界の有名なハイローラー

とんでもないハイローラーは実在する!世界の有名なハイローラー

オンカジで有名なハイローラーは現在まだあまりいないようですが、リアルのカジノで有名なハイローラーは何人もいます。

その中でも有名なのが以下の人物です。

・ハサナル・ボルキア
 ↓
 ルーレットで全ての目に2500ドル(約26万円)をベット!

・アドナン・カショギ
 ↓
3か月で14億円のお金をベット
 
・ドン・ジョンソン
 ↓
 2つの異なるカジノから半年で約17億円勝利、結果としてカジノのプレイを制限される

・柏木昭男
 ↓
 不動産王。一回の勝負に20万ドル(約2000万円)をベット

・・・いかがでしょう?

サラリーマンなど、一般の職に就く人では到底無理な賭け方ですよね。

これを見る限り、一度の勝敗で1億円が動くことはザラです。

ハイローラーになるためには、前提条件としてある程度のお金持ちであることは必須になってきます。

まずはお金持ちになるところから始める必要がありそうですね・・・

まとめ

ハイローラーにおすすめのオンカジはインターカジノ、エンパイアカジノ、ライブカジノハウスの3つで、自分のプレイスタイルに合わせて最適なところを選ぶのがいいでしょう。

また、ハイローラーになるとどのカジノでも恩恵はありますが、VIPとして認定されるハードルはそれほど易しくありません。

認定される条件を確認し、無理のない範囲で条件に届きそうであれば、一度狙ってみるものアリではないでしょうか。

認定されれば、今までよりもスリリングなギャンブルが楽しめること間違いなしです。

その他のオンカジオンカジ一覧