スマーライブカジノ
UPDATE:2021.04.13

オンカジ史上初の逮捕者!スマートライブカジノ事件は珍事件だった!

オンカジコラムオンカジ雑学

初めてオンカジのプレイヤーが逮捕された事件「スマートライブカジノ事件」をご存じですか?

オンカジの違法性を伝えるには必ずといっていいほど、関連性がでる、事件です。それだけオンカジ界では有名な話となっています。

今回はそんな「スマートライブカジノ事件」について紹介していきます。

1:「スマートライブカジノ事件」とは

スマートライブカジノ事件は、2016年3月に起こった事件になります。

オンカジを利用していた日本人プレイヤーの3名が、国内でカジノをプレイしていたことで賭博罪に問われて、逮捕された事件になります。

ブログやSNSの情報から3人がスマートライブカジノでプレイしていることを確認した警察が、自らスマートラブカジノのアカウントを作成して同じライブブラックジャックテーブルに警察が潜入。

内偵結果、賭けが行われているという実態と証拠を掴み、逮捕に至った。

彼らがプレイしていたテーブルは日本人専用テーブルと判断されたことが逮捕という流れになりました。

2:プレイヤーが逮捕された2つの理由

通常、他の記事でも記載していますが、オンカジを利用していても逮捕されません。

関連記事:ベラジョンカジノのプレイは法律でセーフ?過去に3人の逮捕事例あり

実際にスマートライブカジノ事件を除いて、オンカジプレイヤーが逮捕されたという事例はありません。

運営側が逮捕されるという事例はありましたが、利用者逮捕はスマートライブカジノ事件以外にありません。

だとすると、なぜスマートライブカジノ事件はプレイヤーが逮捕されてしまったのか。

その理由2つあります。

  • 胴元が国内にいると判断できる理由が揃ってる
  • 記録とSNSの情報からの特定

理由①:胴元が国内にいると判断できる理由が揃ってる

一番の理由と言っても良いのが、オンカジの運営が国内にあると判断されたことです。

日本の法律は日本の主権の及ぶ範囲内でのみ効力を発揮します。
そのために、海外での行為に関しては現地の法律に委ねられているので、日本の法律が及ぶことはありません。

有名処のオンカジは全てが海外運営になっています。

ラスベガスのようなカジノで日本人が旅行ついでにカジノをしても、逮捕されないと同じことです。

スマートライブカジノもイギリス企業が運営を行っていました。

しかし、逮捕された3名がプレイしていたライブブラックジャックのテーブルに問題がありました。

  • 日本人のディーラーがゲーム進行していた
  • 日本時間の夕方から深夜にテーブルが解放されていた
  • 日本語でのチャットのやり取りができた

以上の条件で警察は、「日本でカジノをプレイしているのと同じ」と判断。

賭博罪の適用が可能という判断に至りました。

でも、少し腑に落ちない部分もありましよね。

例えば、ベラジョンカジノでは最近、日本人ディーラーを採用しています。
日本人ディーラー
でも、これはあくまでも理由の1つということで、若干、警察側のこじつけにも感じます。

理由②:記録とSNSの情報からの特定

逮捕されたプレイヤーが特定された理由として、チャットの記録が残っていたことにあります。

3名のプレイヤーはライブゲーム中のチャットを楽しんでいて、またその時の様子をSNSなどの媒体で公開していたことから、アカウント名や個人情報を紐づけることが容易となりました。

プレイヤーが一切チャットの書き込みも行わず、プレイしている様子の公開さえしていなければ、特定されることはなかったということです。

日本の警察機関とはいえ、海外の法律へは介入できませんからね。

残念ながらプレイヤーの落ち度と言えます。

3:「スマートライブカジノ事件」の結末

スマートライブカジノ事件では最初にも言ってる通り、3名のプレイヤーが逮捕されました。

でも、逮捕=有罪というわけではありません。逮捕後に起訴され、裁判にて判決が下され、有罪か無罪か確定します。

実はこの事件の当事者である3名のプレイヤーはそれぞれ違った結末を迎えました。

結末①:2人のプレイヤーが略式起訴を受け入れる

3人の内、2人は「単純賭博罪」として略式起訴を受け入れ、罰金を支払うことになりました。

「略式起訴」と言われても、ピンと来ないですよね。

流れとしては以下のようになります。
略式起訴
引用元:朝日新聞

警察側も長いこと争いたくないため、軽度な犯罪の場合、略式起訴で済ますことが多くあります。

簡単に説明すると「罪を認める代わりに正式な裁判を行わず、略式手続きで処分を終わらせることを言います。

一般的な賭けマージャンなどが摘発された際は、略式起訴により判決を確定させるのが一般的です。

結末②:1人のプレイヤーは徹底抗戦して不起訴を勝ち取った

逮捕に納得の行かなかった1人のプレイヤーは、弁護士をつけて徹底抗戦をしました。

この事件の担当弁護士は以下の内容で意見書を検察庁に提出しました。

  • 賭博罪とはそもそも運営側を処罰するためのもの
  • プレイしていたライブブラックジャックのテーブルが日本で運営されいるとみるのはおかしい
  • スマートライブカジノ自体は海外の企業が合法的なライセンスを習得している
  • よって今回の事件による逮捕は不当な逮捕である

これらの意見書を受けて、検察側はプレイヤーを不起訴処分にすることを決定。
「無罪」になりました。

争う姿勢を見せていたら不起訴になったということは、警察自身もオンカジの値容赦を逮捕することには抵抗があったと言えますね。

有罪であれば、警察側も起訴して裁判に持ち込むでしょう。

結末③:警察が逮捕を強行した理由はパチンコ店を守るため

パチンコ店
パチンコは警察庁管轄のため、オンカジにプレイヤーが流出することによりパチンコ離れが進んでいくのでそこを食い止めたいという気持ちがあるようです。

オンカジに対する八つ当たりのようなイメージです。とはいえ、昨今のパチンコ業界は政府から要請で衰退の一途を辿っています。

この行為自体を考えると警察側に疑問を抱き兼ねないですね。

この事件をきっかけにオンカジのい補正のなさが証明され、その後、オンカジ関係者が逮捕されることはなくなりました。

4:スマートライブカジノ事件から学ぶ正しいオンカジ利用方法

現在、オンカジは法律的にグレーゾーンと言われています。

実際にカジノ法案が整備され施行されるまで、オンカジはグレーゾーンのままになります。

だから100%事件性がないとも言い切れません。なので、注意できることは注意していくべきなのです。

4-1:日本人専用テーブルを利用しない

現在、日本人を採用したライブカジノはいくつかあります。
日本語で対応してくれるし、やりやすい!という気持ちもあるとは思いますが、安全にプレイしたいという気持ちがあるのであれば、日本人専用テーブルは避けましょう。

実際、スマートライブカジノ事件のようなケースはかなりこじつけ感があったので、強く意識しなくても良さそうですが、細心の注意を払うに越したことはありません。

また警察側がこじつけで逮捕状を出してくる可能性も無いとは言い切れませんので。

海外の人がディーラーのテーブルでも十分に遊べますので、そちらをメインにプレイしてみてもいいでしょう!

4-2:ライブカジノのチャット機能は使用しない

ライブカジノチャット
スマートライブカジノ事件ではチャットの記録からプレイヤーが特定され、逮捕ということになりました。

チャットというのは画像でも伏せている通り、個人のアカウント名が特定されます。

無用なリスクを避ける為なら余計なチャットは控えましょう。なにか攻略に繋がるわけでもないので。

5:安心安全に利用できるオンカジサイト5選

ここで、おすすめするオンカジサイトは信頼性のあるオンカジサイトばかりです。

なぜかと言うと、どのサイトもライセンスを所持しており、100%海外運営だからです。

基本的にこれらの要素があることは、安全なオンカジサイトの代名詞といえます。

それと同時に人気もあるので、利用するメリットも十分にあります!

5-1:ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

オンカジ界の最大手サイト「ベラジョンカジノ」はゲーム数も日本一!!

業界最大級だから初心者でも遊びやすく、シェア率NO.1!!

ベラジョンのおすすめな理由3つは下記の通りです!

  • 「ご褒美プログラム」でお得にプレイ!
  • 最新ビデオスロットの先行プレイが可能!
  • 日本でオンカジシェア率No.1

おすすめサイトの中でも屈指のゲーム数を誇るベラジョンカジノ!その数なんと約1600種類

下記より登録すれば
30ドルの入金不要ボーナスがゲットできる!

ベラジョンを見に行く(オフィシャルサイトへ)

5-2:カジノシークレット

カジノシークレット

カジノシークレットは自動キャッシュバックを導入したオンカジとして有名です!

視覚的にも優しいデザインとなっており、バカラやスロットなど一般的なカジノはもちろん約2000種類もの多彩なゲームが遊べます!

カジノシークレットのおすすめな理由3つは下記の通りです!

  • ボーナス出金条件なし!獲得でそのまま使える&出金できる!
  • 負けても返ってくる「キャッシュバックシステム」
  • シークレット専用ライブカジノでVIP気分が味わえる!
下記より登録すれば
初回入金額の50%キャッシュバック!

カジノシークレットを見に行く(オフィシャルサイトへ)

5-3:インターカジノ

インターカジノ

インターカジノは2020年1月に日本人向けに大幅な理ニューアルをし、日本人にもなじめるサイト仕様になりました。

2人のマスコットキャラがとても印象的ですね。こういった点も含め日本人にもとてもおすすめなカジノなります。

インターカジノのおすすめな理由3つは下記の通りです!

  • 出金条件なし!最大500ドルもらえる!
  • ゲームで遊ぶだけでスピンと交換!
  • 毎日誰かに高額当選のチャンス!
下記より登録すれば
30ドルの入金不要ボーナスがゲットできる!

インターカジノを見に行く(オフィシャルサイトへ)

5-4:カジ旅

カジ旅

カジ旅は、キュラソー政府のライセンスを取得しております。

RPGゲームのような要素があり、オンカジ以外の部分でも楽しめるので、単純にゲームとしても楽しめます。

もちろんVISAクレジットカード入金に対応しております。手数料も無料なので、他の出金を気にせずできます。

カジ旅のおすすめな理由3つは下記の通りです!

  • ボスを倒すして進むゲームー要素あり!
  • ゲーム内通貨「ルビー」で出金条件なしのフリースピンが買える!
  • 業界最速!スロットプレイシステムの採用!
下記より登録すれば
20ドルの入金不要ボーナスがゲットできる!

カジ旅を見に行く(オフィシャルサイトへ)

5-5:コニベット

コニベット

コニベットは、2019年に立ち上がったばかりの新しいサイトになります!

通常のゲームも多くありますが、なんといってもコニベットでは「シューティングゲーム」がおすすめです!

他のオンカジにはない新しいジャンルと言えるゲームなので、スロットやルーレットなどに飽きたユーザーはきっと楽しめます!

コニベットのおすすめな理由3つは下記の通りです!

  • 業界でも珍しいオリジナルゲーム満載!
  • 銀行振込での入出金が可能!
  • 直近24時間のペイ率情報が確認できる!
下記より登録すれば
40ドルのボーナスがゲットできる!

コニベットを見に行く(オフィシャルサイトへ)

まとめ

スマートライブカジノ事件はオンカジ史上初めてのオンカジプレイヤーが逮捕された事件でした。

この事件以降、オンカジ関係者の逮捕者は出ていません。

かといって今後、安心できるわけではないので、気を付けるに越したことはありませんね。

安心安全に楽しめることが一番なので、是非ともオンカジ側も徹底していただきたいと感じました。

オンカジコラムオンカジ雑学