ベラジョンカジノは違法?
UPDATE:2022.05.19

【国会答弁】ベラジョンカジノって日本では違法?国会で総理が回答!過去に3人が逮捕された事件から解説

オンラインカジノ ベラジョンカジノ

最近やたらとベラジョンカジノなど、オンライカジノのCMや広告を目にしますよね!

ベラジョンカジノをはじめとした、オンラインカジノを利用する上で気になるのは、

  • ベラジョンカジノって違法じゃないの!?
  • ベラジョンを使って逮捕されない??

ココですよね。

【結論】
ベラジョンカジノは違法ではありません!

現状、日本の法律の中でベラジョンカジノは合法ではありませんが、違法でもないのです。

現状ベラジョンカジノはグレーゾーンとされており、逮捕されるようなことは基本的にありません。

しかし、ベラジョンカジノ以外のオンラインカジノでは、逮捕者が出た例もあります。
>オンラインカジノで3人が逮捕「スマートライブカジノ事件」を見る

さらに、国会の場でベラジョンカジノをはじめとしたオンカジサイトの違法性が2度も議論されています。
どちらも当時の首相である、安倍元総理が回答。

国会答弁の内容を踏まえても、ベラジョンカジノはグレーゾーンというのが結論です。

ではなぜ合法でも違法でもなく、グレーゾーンなのかを本記事では詳しく解説していきます。


【要注目】ベラジョンカジノが日本で違法ではないと言える4つの要素

ベラジョンカジノ 違法ではない 要素

ベラジョンカジノをプレイして逮捕された人は現状1人もいません。

ベラジョンカジノは2010年から運営スタートしていますので、かれこれ10年以上逮捕者が0ということです。

ベラジョンカジノを利用している日本人はとても多く、訪問数が見れるsimilarwebを使って確認してみると、1ヶ月に4000万以上のアクセスがあったことがわかります。
しかもほぼ日本から。

▼similarweb(ベラジョンカジノ)
similarweb

これだけ大量の人が利用できている以上、逮捕される可能性は極めて低いと言えます。

なぜベラジョンカジノを利用しても違法ではなく、逮捕されないのかその理由を見ていきましょう。

>>安心のベラジョンカジノを使ってみる!

ベラジョンは適用外!日本の法律「賭博罪」について

日本では賭博罪という法律があり、政府が許可していないギャンブルをすると逮捕され有罪となります。

賭博罪で有名なニュースと言えば、2020年7月の元東京高検検事長黒川氏による賭け麻雀事件。

本来、違法行為を取り締まる立場の人間が、賭博罪で罰せられたのは衝撃的なニュースでした。

賭博罪は100年以上前に制定され、「賭け麻雀」などの賭博を取り締まるためにできた法律です。

さらに、賭博罪は胴元を取り締まるために制定されているので、プレイする人が罰せられる場合は、同時に胴元も処罰対象となります。

つまり、胴元が処罰の対象外であれば、プレイした人には賭博罪は適用できないのです。

ベラジョンカジノには賭博罪が適用できない

ベラジョンカジノはそもそも日本で運営されていません。

海外で運営している会社には、海外の法律が適用されます。

ベラジョンカジノを利用しても賭博罪の「プレイする人が罰せられる場合は、同時に胴元も処罰対象」という条件に当てはめることは不可能なので、法律違反として逮捕することはできないのというわけです。

現時点でオンラインカジノの法律が存在しない

ベラジョンカジノでプレイしても逮捕されないからと言って、合法とは言えません。

法律の穴をかいくぐっているので、「違法にできない」という表現が正しいでしょう。

現時点でオンラインカジノを取り締まる法律が存在しないので、法改正されないかぎりはベラジョンカジノを利用して逮捕されることはありません。

\合わせて知りたい!/

ベラジョンカジノの透明性の高さ

ベラジョンカジノは中央アメリカにあるキュラソー島(オランダ領)の「Breckenridge Curacau B.V」という会社が運営しています。

また、ベラジョンカジノの運営会社情報を調べると細かく詳細が出てくることからベラジョンカジノの透明性が高く、信頼できるということが分かります。

\下記から登録で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!/

ベラジョンカジノはコチラ(オフィシャルサイトへ)

【実例】過去に3人の日本人が逮捕された件について

ベラジョンカジノ 3人 逮捕

「ベラジョンカジノを利用して逮捕されることはありません。」とお伝えしましたが、実は過去にオンラインカジノの利用者が逮捕された実例が存在します。

逮捕者が使っていたのがスマートカジノというオンラインカジノです。

スマートカジノ利用者がどのような理由で逮捕されたのかを本章では詳しく解説していきます。

オンラインカジノを利用した3人が逮捕

2016年3月にスマートライブカジノというオンラインカジノを利用していた日本人プレイヤー3人が、日本国内でカジノをプレイしたという理由で賭博罪に問われて逮捕されました。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

 逮捕容疑は2月18~26日、会員制カジノサイトに接続、カードゲームで現金計約22万円を賭けたとしている。3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話している。

 利用された「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノ。日本語版サイトが平成26年9月ごろに開設されたとみられる。クレジットカードや電子マネーを使って賭けや払い戻しができる仕組み。日本人女性がディーラーを務め、日本語でチャットをしながらブラックジャックやルーレットなどのゲームができる。

 府警によると、関根容疑者は「1千万円ぐらい使った」と供述。ブラックジャックの利用客だけで月に少なくとも約1400万円の賭け金が動いていたとみられ、府警は運営実態や資金の流れを調べる。

引用元:オンラインカジノ運営業者を逮捕 全国初…国内運営と判断 – 産経WEST

オンラインカジノをプレイして逮捕された事例は、後にも先にもこの1件のみ。

ベラジョンカジノを利用している人や利用を考えている人にとって、逮捕の経緯や結末は気になりますよね。

次項ではそのあたりを解説していきます。

違法じゃないのに3人が逮捕された理由

スマートライブカジノはイギリスの会社が運営している海外のオンラインカジノサイトです。

しかし、警察が逮捕に至った要因は以下のようなことがあげられます。

  • スマートライブカジノは完全に日本人向けのオンラインカジノ
  • ライブカジノで日本人ディーラーが進行していた

警察は「日本人向けのオンラインカジノをプレイした」=「日本でカジノをプレイした」と無理やりこじつけて、賭博罪で3人を逮捕したのです。

あまりにも強引です。

しかしなぜこの3人が逮捕されたのでしょうか?

スマートライブカジノを利用していた日本人はもちろん逮捕された3人以外にもたくさんいます。

しかし逮捕された3人には共通点があり、SNSやブログでスマートカジノのIDやプレイ状況を公開していました。

公開されていた情報によって、IDと個人を特定をされて逮捕されてしまったのです。

逮捕を不服とした1人は無罪に

逮捕された3人のうち2人は、すぐに罪を認めて略式起訴で罰金を支払いました。

しかし、1人は逮捕を不服として裁判で争う姿勢を見せたのです。

その1人は「裁判で争った場合、有罪にはならない」と判断しました。

賭博罪専門の弁護士と共に争いました。

《弁護士の主張》
1,賭博罪は胴元を取り締まるための法律であり、利用者の検挙は胴元と付随するもの
2,スマートカジノは海外で合法的に運営されており検挙できない
3,胴元を検挙できないのに、利用者を逮捕するのはおかしい

(詳しくは担当弁護士のブログに書かれています)

結果的に弁護士の主張が認められて、男性は不起訴(無罪)となりました。

このことから、ベラジョンカジノを含む海外で合法的に運営されているオンラインカジノを日本でプレイしても、罪に問われることはないと広く知られる形となりました。

\詳しく知りたい!/

【国会答弁】ベラジョンカジノは違法ではない!引き続き合法!?

政府の見解 違法 合法

ベラジョンカジノをはじめとしたオンカジサイト利用は、違法ではないのか…。

実は、オンカジの違法性を問う答弁が過去に2回も国会の場で行われています。

《2013年》


質問者:階猛
回答者:内閣総理大臣 安倍晋三(当時)

《2020年》


質問者:丸山穂高
回答者:内閣総理大臣 安倍晋三(当時)

実際、国会の場でどのような議論がされたのか気になるところですよね!!

では、詳しく見ていきましょう。

2013年の総理による回答:「お答えすることは差し控える」

1度目の国会答弁は、2013年に民主党(当時)所属の階 猛(しな たけし)議員による質問です。

当時は、今ほどオンラインカジノは普及はしていませんでした。

2013年と言えば、iPhone 5sが発売された年。

インターネットの技術で見ても、現在よりはまだまだ十分でないような時代と言えます。

一 日本国内から、インターネットを通じて、海外で開設されたインターネットのオンラインカジノに参加したり、インターネットで中継されている海外のカジノに参加することは、国内のインターネットカジノ店において参加する場合だけでなく、国内の自宅からインターネットを通じて参加する場合であっても、刑法第百八十五条の賭博罪に該当するという理解でよいか。

二 上記一の「日本に所在する者」にサービスを提供した者には、国内犯が適用されるか。すなわち、海外にサーバを置いて賭博サービスを提供する業者にも、賭博開帳罪(同法第百八十六条第二項)が成立し得るという理解でよいか。

三 賭博罪の成立要件とされる必要的共犯に関して、共犯者の片方(賭博に参加する者)が国内、もう片方(賭博開帳者)が国外に所在する場合に共犯関係は成立し得るのか。片方を罰する事が出来ない(非可罰的な)状態にあっても、両者による共犯関係を立証することが出来ればもう片方の者の罪は成立し得るのか。

四 日本国内から、インターネットを通じて、代行業者を通じて海外の宝くじを購入する行為は、刑法第百八十七条第三項の「富くじを授受」する行為に該当するという理解でよいか。

五 国内からインターネットを通じて、オンラインカジノに参加する行為や海外の宝くじを購入する行為が賭博罪や富くじ罪に該当し、禁止されていることを国民に周知するための政府広報をすべきではないか。

引用元:衆議院質問答弁情報

階氏の質問をざっくり言うと、

海外に運営拠点のあるオンラインカジノを日本でプレイした場合に違法になりますか??

というものです。

これに対する、安倍首相(当時)の回答は以下の通りです。

一から三までについて
 犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づいて個々に判断すべき事柄であることから、政府として、お答えすることは差し控えるが、一般論としては、賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪が成立することがあるものと考えられ、また、賭博場開張行為の一部が日本国内において行われた場合、同法第百八十六条第二項の賭博開張図利罪が成立することがあるものと考えられる。

四について
 犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づいて個々に判断すべき事柄であることから、政府として、お答えすることは差し控えるが、一般論としては、富くじの授受行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法第百八十七条第三項の富くじ授受罪が成立することがあるものと考えられる。

五について
 御指摘のような観点からの広報については、今後の社会情勢等を踏まえ、慎重に検討してまいりたい。

引用元:衆議院質問答弁情報

安倍氏の回答をざっくり言うと、

政府としての回答は拒否。
一般論として、賭博罪が成立して「違法」になる可能性はあるかもしれない。

というもの。
なんとも煮え切らない回答です。

とは言え、オンカジは「合法です!」とは言っていないことは確かです。

賭博罪では、オンカジを明確に取り締まる内容になっておらず、グレーゾーンである。と。

2020年の総理による回答:「刑法(賭博罪)の改正は検討していない」

2度目の国会答弁は、2020年にNHKから国民を守る党(当時)所属の丸山 穂高(まるやま ほだか)議員による質問です。

丸山氏は、問題発言などが取り沙汰されることもありましたが、Twitterなどで歯に衣着せぬ言動で注目していた人も多いはずです。

そんな丸山議員が、改めてオンラインカジノの違法性を政府に問いかけました。

一 政府において「オンラインカジノ」の定義はしているか。回答されたい。

二 政府は過去の質問主意書に対する答弁書において、インターネットのオンラインカジノで賭博行為を行った場合、「一般論としては、賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪が成立することがあるものと考えられ、また、賭博場開張行為の一部が日本国内において行われた場合、同法第百八十六条第二項の賭博開張図利罪が成立することがあるものと考えられる」と回答している。
 日本国内からアクセスし、賭博行為の一部を日本国内において行うことが可能なオンラインカジノのサイトについて、政府はその実態を把握しているか。把握している場合、該当するオンラインカジノの総数、利用者数及びこれまで摘発した件数等、その把握している内容を伺いたい。また、それらに対する取り締まり体制はどのようになっているのか、具体的に回答されたい。

三 海外で開設された無店舗型オンラインカジノで賭博したとして平成二十八年三月十日に京都府警察は単純賭博容疑で三人を逮捕したと報じられている。検察はそのうちの二人については略式起訴としたが、略式手続を受け入れず正式裁判で争う姿勢を見せた一人については不起訴処分としたと報じられている。
 本件でこの一人が不起訴処分となった理由は何か、具体的に回答されたい。また、不起訴処分となった者がオンラインカジノで利益を出していた場合、その所得は雑所得として税務申告の義務があると考えられるが、本件における税務申告はあったか。回答されたい。

四 オンラインカジノの提供者は、現行法の賭博罪は必要的共犯とされており、賭博が合法な国からインターネットにより提供されるオンラインカジノのサービスはそもそも犯罪を構成しないという宣伝をして、プレーヤーを誘い込んでいる。このような宣伝を否定し、オンラインカジノについては賭博罪が成立することがあることを広報するなど、政府として適切な措置を講ずるべきではないか。前記答弁書においては、「御指摘のような観点からの広報については、今後の社会情勢等を踏まえ、慎重に検討してまいりたい」としているが、その後の検討状況はどのようになっているのか、併せて回答されたい。

五 刑法の賭博罪は、明治四十年に制定され、インターネットが存在しなかった時代の法規範となっている。インターネット利用を想定した現在の実態に合わせた新たな法律を定める必要があると考える。政府の見解は如何なるものか、回答されたい。

六 世界各国においてはオンラインカジノを合法化し財源にしている国も多数ある。今後、我が国においてオンラインカジノの合法化の検討を行うことはあり得るのか、政府の見解を問う。

引用元:衆議院質問答弁情報

丸山氏の質問をざっくり言うと、

過去の答弁で「一般論として違法になるかも」と回答しているが、十分でない法整備についてどのように進めている?
日本が明確にオンカジ合法になることはある?

というものです。

これに対する、安倍首相(当時)の回答は以下の通りです。

一について
 御指摘の「オンラインカジノ」については、政府として確立した定義を有していない。

二について
 ウェブサイトを利用した賭博事犯については、都道府県警察において、必要な体制を整備して実態の把握に努め、取締りを行っているところ、平成三十年中の検挙件数として警察庁が都道府県警察から報告を受けたものは十三件である。

三について
 御指摘の三人に対する事件については、京都区検察庁において、いずれも、賭博罪により公訴を提起して略式命令を請求し、京都簡易裁判所により、罰金二十万円又は罰金三十万円の略式命令が発せられたものと承知している。

四について
 御指摘のような観点からの広報については、引き続き、社会情勢等を踏まえ、慎重に検討してまいりたい。

五及び六について
 御指摘の「インターネット利用を想定した現在の実態に合わせた新たな法律」及び「オンラインカジノの合法化」の意味するところが必ずしも明らかではないが、いずれにしても、現時点で、政府として、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪等の規定を改正することは検討していない。

引用元:衆議院質問答弁情報

安倍氏の回答をざっくり言うと、

政府として「オンラインカジノ」の確立した定義はない。
「オンカジの違法性」「オンカジの合法性」いずれに対しても、法律の改定は検討していない。

というもの。
現行の賭博罪の改定をしない以上、ベラジョンカジノをはじめとしたオンカジプレイでの逮捕はありえません。

オンカジは合法とは言えないものの、明確な違法性がない以上取り締まりは不可能ということです。

とは言え、今後オンカジについての法整備が行われる可能性はあります。

オンカジの違法性が確立された場合は、当然逮捕される可能性があるという点は理解しておきましょう。

>>違法ではない!ベラジョンカジノの登録はこちら

【要注意】ベラジョンカジノは合法!しかしインターネットカジノは違法!!

違法 合法

ベラジョンカジノをはじめとした、「オンラインカジノ」と似た言葉として「インターネットカジノ」があります。

んっ?
同じじゃないの???

実は、似ているようで大きな違いが…!

「インターネットカジノ」のプレイは違法です。

プレイするだけで、逮捕される可能性があります。

「インターネットカジノ」は俗にいう「闇カジノ」なのです。

《インターネットカジノ》


略して「インカジ」とも呼ばれる。
日本において実店舗営業して、インターネットを通じたカジノゲームを提供し、勝敗に応じた現金精算が可能。

日本での実店舗営業は、賭博罪に抵触します。

インターネットカジノ店舗でプレイした人も含めて、罪に問われるのです。

一見、「オンカジ」「インカジ」と似ているサービスに思えますが、その実態はまったく別物。

日本でカジノプレイを楽しみたい場合は、ベラジョンカジノなどの「オンカジ」一択です!!

>>ベラジョンカジノの登録はこちら

これで解決!ベラジョンカジノの違法性に関するよくある質問

ベラジョンカジノ 違法 よくある質問

本章では、ベラジョンカジノの違法性についてより詳しく知りたい方のために本サイトに寄せられたよくある質問を3つ紹介していきます。


質問①イカサマはある?

結論、ベラジョンカジノにイカサマはありません。

なぜかと言うと、ベラジョンカジノは有名なキュラソーライセンスを取得しており、イカサマがないということをライセンス機関に担保されているからです。

また、そもそも全体のペイアウト率が100%を切っているため、期待値的にもカジノ側のほうがプラスになります。

そのような状況でイカサマをしてバレたほうがリスクが高いので、イカサマをする理由がありませんね。

質問②出金すると違法になる?

違法ではありません。

しかし、儲け続けて出金をしていると税務署に目をつけられる可能性があります。

なので、年に50万円以上の出金がある際には税金を支払う義務が生じてくるので、よく気をつけましょう。

\詳しく知りたい!/

質問③ぶっちゃけ危険性はある?

ベラジョンカジノに危険性はあるのでしょうか。

本サイトの見解的には危険性はないと言えます。

しかし、このまま政府が黙認している状態で規模が大きくなっていくわけなので、これからのオンラインカジノ規制には目を光らせて注目しておくのがよいでしょう。

\合わせて知りたい!/

質問④これからベラジョンカジノは合法になる?

日本は現在、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(通称カジノ法案)が成立となり、カジノ解禁に向けて政府や各自治体が準備を進めています。

観光用として、大阪や和歌山そして長崎にカジノが設立される可能性が高いです。

そしてリアルなカジノができたらどうなるか、韓国を例にとってみると実際にカジノができてからオンラインカジノは全面禁止されています。

なぜかというと、オンラインカジノがあると現実のカジノへ行くお客さんが減ってしまい、国に利益が回らなくなってしまうからです。

なので、実際に日本で「統合型リゾート(カジノ)」ができてしまうと、オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の禁止ももっと厳しくなるのではないかと思います!

今後の日本の動きには要注目です!

【結論】ベラジョンカジノで儲けたら必ず確定申告をしよう

ベラジョンカジノ 確定申告

ベラジョンカジノで勝利金を重ねた場合、確定申告をして税金を支払う必要があります。

ベラジョンカジノを含むオンラインカジノで獲得した勝利金は、「一時所得」という扱いになります。

もし勝利金があるにもかかわらず、意図的に申告をしなかった場合、脱税とみなされ逮捕される可能性も。

\詳しく知りたい!/

まとめ

ベラジョンカジノなどでカジノを楽しむことは、言わば法の穴をかいくぐっており、合法ではないけれども、違法でもないと言うことです。

また、ベラジョンカジノでの勝利金は一時所得とみなされるので、税金を支払う必要があります。

意図的に確定申告をしなかった場合、脱税で逮捕される可能性があるので注意しましょう。

おすすめ記事:【ベラジョンカジノまとめ】日本オンカジ界人気NO.1の理由を徹底考察!

\下記から登録で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!/

ベラジョンカジノはコチラ(オフィシャルサイトへ)

オンラインカジノ ベラジョンカジノ