バカラで爆益!マーチンゲール法徹底解説!無敵のバカラ攻略法5選も合わせて紹介!
更新日:2023.12.08
PR

バカラをマーチンゲール法で攻略!勝てないときの対処法も解説

バカラ

バカラの必勝法を探している方なら、マーチンゲール法を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
マーチンゲール法は勝てるまで賭け金を2倍にしていく必勝法で「理論上負けない」という特徴があります。

そのうえ、とてもシンプルなので初心者の方でもすぐに実践可能な必勝法の1つです。

本記事では、バカラで勝率を上げるために有効な、マーチンゲール法を分かりやすく解説します。

この記事で分かること

  • マーチンゲール法の使い方
  • バカラでマーチンゲール法を使う時のメリット&デメリット
  • マーチンゲール法で勝てない時の対処法

記事を読んで、バカラで爆益を出しましょう!

>>バカラの必勝法11選


おすすめオンラインカジノBEST5
ランキング1

プレイオジョ

プレイオジョ

入金ボーナス

FS160

賭け条件

なし

ランキング2

テッドベットカジノ

テッドベットカジノ

入金不要ボーナス

¥5,000

賭け条件

30倍

ランキング3

エルドアカジノ

エルドアカジノ

入金不要ボーナス

¥5,000

賭け条件

1倍

ランキング4

ラッキーニッキー

ラッキーニッキー

入金不要ボーナス

$35

賭け条件

20倍

ランキング5

ボンズカジノ

ボンズカジノ

入金不要ボーナス

¥5,000

賭け条件

30倍

バカラのマーチンゲール法は理論上負けることがない必勝法

オンランカジノで大勝したプレイヤー

マーチンゲール法は、勝つまで賭け金を2倍にしていく必勝法です。
そして、バカラでマーチンゲール法を使える条件は

  • 勝率が約50%
  • 配当が約2倍

マーチンゲール法を上手く使うためには、バカラでの各勝率や連勝&連敗確率なども押さえておく必要があるのでそれぞれわかりやすく解説します!

バカラでマーチンゲール法が使える条件

バカラでマーチンゲール法を使う際の条件は以下の2つです。

  • 勝率が約50%
  • 配当が約2倍

バカラで上記の条件に該当するのが、「バンカー」or「プレイヤー」です。
そのため、バカラでマーチンゲール法を使う際は、基本的にバンカーorプレイヤーにベットすることになります!

>>バカラの必勝法11選

マーチンゲール法を使う前に知っておきたいバカラの確率や勝率を徹底解析

マーチンゲール法は確率や勝率を考慮して使う必要があります。

そこで!

  • バカラでの勝率を比較
  • タイ(引き分け)を除いた場合の勝率を比較
  • 負け続ける確率を調査

以下で、それぞれの確率と勝率を見ていきましょう!

バカラでの勝率を比較

ベット 勝率
プレイヤー 44.62%
バンカー 45.86%
タイ(引き分け) 9.52%

理論上、勝率はバンカーが若干有利です。

タイ(引き分け)を除いた場合の勝率を比較

ベット 勝率
プレイヤー 49.32%
バンカー 50.68%

バカラではタイ(引き分け)となった場合、ベットされた賭け金は返還されます。
※予想が外れた場合。

確率の観点で考えると、タイを除いた場合はバンカーの勝率が1.36%ではありますが若干高くなります。

負け続ける確率を調査

勝率50%での連敗確立
1敗 50.000%
2連敗 25.000%
3連敗 12.500%
4連敗 6.250%
5連敗 3.125%
6連敗 1.563%
7連敗 0.781%
8連敗 0.391%
9連敗 0.195%

連勝する確率も同じです。
9連敗する確立は、わずか約0.2%となります。

およそ2000回ゲームをして、1度発生するという確率です。
上記の表をを見る限り、大きく連敗することはほぼないと言えるでしょう。




《限定》入金不要ボーナス

入金不要ボーナス:$50賭け条件:30倍
出金上限:$120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥7,500賭け条件:30倍
出金上限:¥18,000
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000賭け条件:1倍
出金上限:¥15,000
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi50
入金不要ボーナス:¥1,500 + フリースピン60回賭け条件:1倍
出金上限:¥15,000
ボーナスコード:なし
入金不要ボーナス:$35賭け条件:20倍
出金上限:$100
ボーナスコード:なし
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi

マーチンゲール法の賭け方を解説!実際に賭けた際の損益表も公開!

マーチンゲール法

マーチンゲール法の賭け方は『負けたら賭け金を2倍にして賭ける』だけ!

どんなに負けが続いたとしても、1回の勝利で損失を取り戻すことができます。
そのため、初心者の方でも簡単に実践で使うことが可能です。

稼ぐためのポイント

  • 負けたら倍プッシュ!
  • とにかく勝つまで続ける!

マーチンゲール法で考えるべき点はこれだけ。
とてもシンプルでわかりやすい必勝法ですね。

では、実際にマーチンゲール法を使った場合、どのように稼げるのか検証したので見ていきましょう。

実際にマーチンゲール法を使った場合の具体的な損益表

損益表はご覧の通り!

ゲーム数 賭け金 勝敗 収支
1 1,000円 負け -1,000円
2 2,000円 負け -3,000円
3 4,000円 負け -7,000円
4 8,000円 負け -15,000円
5 16,000円 勝ち +1,000円

マーチンゲール法で勝った場合の利益額は、1回目のベット額です。
どんなに賭け金が増えても、利益は最初にベットした額分しか利益はありません。

ちなみに、オンラインカジノにあるバカラ以外の2倍配当のゲームは以下があります。

  • ブラックジャック
  • バカラ
  • ルーレット(赤黒、奇数偶数)

ブラックジャックとバカラはディーラーとの勝負なので、配当は2倍で勝つ確率も50%です。

ルーレットの場合は数字の0があるので正確には50%ではありません。

もしもマーチンゲール法を使ってカジノをしたいのであれば、ブラックジャックかバカラで使うのがおすすめです!

必勝法11選を徹底解説!攻略法でコツコツ収益化!

マーチンゲール法をバカラで使う際の3つのメリットを紹介

プラスマークを持つ女の人の画像

バカラでマーチンゲール法を使うメリットは以下の3つがあります。

  • 誰でも簡単に使うことが出来る
  • 1回の勝ちで利益を出せる
  • そもそも負けが続く確率が低い

それぞれ解説します。

メリット①:誰でも簡単に使うことが出来る

マーチンゲール法の賭け方はとてもシンプルで、負けたら賭け金を2倍にして賭けるだけ。
そのため誰でも簡単に使うことができるのがメリットです。

他の必勝法・攻略法の中には、紙やペンを用意してメモを取らなければならないものもありますが、マーチンゲール法は負けたら2倍にするだけなのでバカラに集中できます。

メリット②:1回の勝ちで利益を出せる

バカラで連敗がどんなに続いたとしても、1回勝つだけで利益を出せます。

実際にはこんな感じ

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
1 1,000円 負け -1,000円
2 2,000円 負け -3,000円
3 4,000円 負け -7,000円
4 8,000円 負け -15,000円
5 16,000円 負け -31,000円
6 32,000円 負け -63,000円
7 64,000円 負け -127,000円
8 128,000円 負け -255,000円
9 256,000円 負け -511,000円
10 512,000円 勝ち +1000円

1ゲーム目に1,000円でマーチンゲール法をスタートして、仮に9連敗(確率0.2%)したとしても10ゲーム目で勝てれば利益が確定します

メリット③:そもそも負けが続く確率が低い

そもそもバカラは、連敗する確率自体が低いのでマーチンゲール法を有効に使うことが可能です。

勝率50%での連敗確立
1敗 50.000%
2連敗 25.000%
3連敗 12.500%
4連敗 6.250%
5連敗 3.125%
6連敗 1.563%
7連敗 0.781%
8連敗 0.391%
9連敗 0.195%

もともと負けにくいギャンブルに、最強の必勝法「マーチンゲール法」の力を借りれば、稼げる未来が見えてきますよね!

当サイト限定コードの入力でTEDBET(テッドベットカジノ)で使える5,000円分の軍資金プレゼント!
今回解説したマーチンゲール法を無料で5,000円分試せるので超おすすめ!

「on-casi50」と入力で
\入金不要ボーナス5,000円/

マーチンゲール法の3つのデメリットを紹介

理論上負けることのないマーチンゲール法といえど、デメリットも存在します。
大きなデメリットは以下の3つです。

  • 1セットの利益は1ゲーム目の賭け金だけ
  • 資金が少ない場合、大きく稼ぐことは難しい
  • テーブルリミットの影響でマーチンゲール法が使えない場合がある

では、詳しく見ていきましょう。

デメリット①:1セットの利益は1ゲーム目の賭け金だけ

×マークとデメリットの文字の画像
マーチンゲール法の利益は1ゲーム目のベット額です。

そのため、最初の賭け金が少ない場合、1セットで大きく稼ぐことは難しくなります。

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
1 1,000円 負け -1,000円
2 2,000円 負け -3,000円
3 4,000円 負け -7,000円
4 8,000円 負け -15,000円
5 16,000円 負け -31,000円
6 32,000円 負け -63,000円
7 64,000円 負け -127,000円
8 128,000円 負け -255,000円
9 256,000円 負け -511,000円
10 512,000円 勝ち +1000円

「それなら最初から大きく賭ければよくない?」
と思うかもしれませんが、これが難しいところ。

1ゲーム目のベット額が大きくなればなるほど、リスクも高くなります。

リスクを減らすためにはコツコツ稼ぐこと。
これに限ります!

そのため、コツコツゲームをプレイして稼ぐことが、苦にならない方向けの必勝法とも言えます。

デメリット②:資金が少ない場合、大きく稼ぐことは難しい

マーチンゲール法は、勝つまでに軍資金が尽きてはいけないことが絶対条件

いくら勝率50%の勝負で連敗する確率が少ないとはいえ、6連敗や7連敗する確率は0ではありません。

そのため、1ゲーム目のベット額を多くすると軍資金が

足りなくなり、次のゲームでベットできず、すべてマイナスになるので注意が必要です。

デメリット③:テーブルリミットの影響でマーチンゲール法が使えない場合がある

ランドカジノやオンラインカジノのバカラにはテーブルリミットが存在します。
テーブルリミットとは、テーブルの最大ベット額のことです。

マーチンゲール法は負けたら賭け金を倍にしていくため、万が一7連敗、8連敗すると賭け金が膨れ上がります。

どれだけ軍資金が潤沢にあっても、テーブルリミットに達するとマーチンゲール法が使えなくなり、大きな損失を被るでしょう。
そのため、テーブルリミットの範囲内でマーチンゲール法を使わなければいけないデメリットもあるので注意が必要です。

バカラでマーチンゲール法を使っても勝てない?3つの対処法を解説

マーチンゲール法勝てない
バカラでマーチンゲール法を使っても勝てないこともあります。

しかし、勝てないのには必ず原因があります。

ここでは、実際に私がバカラでマーチンゲール法を使っても勝てなかったときに、実践している方法です。

>>バカラの必勝法11選

利確・損失限度額を決めておく

基本的なところですが、損失限度額を決めておくことが大事です。

負けが続くと、損失を取り戻そうとして、必要以上に資金を減らしてしまいます。

流れが悪い時は、無理に損失を取り戻そうとせず、冷静に戦うことを意識しましょう。

そのためには、ベットを始める前に「いくらまで使うのか」「いくら勝ったらやめるか」を決めておくことが効果的です。

プレイヤーに賭けるのが基本

バカラは、プレイヤー・バンカー・タイによって配当が異なります。

マーチンゲール法はベット額を2倍にして、配当も2倍を狙うベット法。

バンカーに賭ける方が勝率は高いですが、バンカーに賭けての勝利は5%のコミッションが発生するので、配当が1.95倍となります。

タイの配当は9倍と大きな配当を得られますが、勝率が50%必要なマーチンゲール法との相性は最悪です。

上記でも表にしていますが、プレイヤーとバンカーの勝率の差は約1%ほどなので、確実に2倍の配当を得ることができるプレイヤーに賭けるのがベストでしょう。

また、罫線をうまく活用し、空回しを利用するのも1つの手です。

>>バカラで使える罫線について解説

マーチンゲール法以外の攻略法を使う

マーチンゲール法はバカラでもっとも有名な必勝法です。

しかし、バカラは他にもたくさんの必勝法があります。

戦い方のレパートリーが増えることで、その時々にあった方法を実戦でき、勝てる可能性が高くなるのは間違いありません。

本記事では、バカラでおすすめの攻略法を5選紹介しているので、ぜひ身につけてみてください。

>>5選じゃ物足りない。バカラの必勝法11選徹底解説

バカラで使えるその他の最強攻略法5選!

最強でおすすめの攻略法5選!!

  • 「マーチンゲール法以外の攻略法も知りたい!」
  • 「稼げるならどんな必勝法でも良いから教えて」

バカラで使える必勝法・攻略法はマーチンゲール法以外にも存在します。
その中でも最強でおすすめの攻略法5選を紹介。

最強攻略法5選はコチラ

  • グランマーチンゲール法
  • モンテカルロ法
  • パーレー法
  • ココモ法
  • ウィナーズ法

攻略法①:グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法
グランマーチンゲール法は、通常のマーチンゲール法での倍々ベットに加え、1ドル追加して賭ける必勝法です。

具体例は以下の表をご覧ください。

具体的にはコチラ!

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益 次回ベット額
1 1ドル 負け -1ドル 2+1=3ドル
2 3ドル 負け -4ドル 6+1=7ドル
3 7ドル 負け -11ドル 14+1=15ドル
4 15ドル 負け -26ドル 30+1=31ドル
5 31ドル 勝ち 5ドル 1ドルor自由

5ゲーム目に勝てた場合の利益は5ドルとなります。

通常のマーチンゲール法と比べ、より多くの資金が必要となりますが、その分利益を多く得ることが可能です。

コツコツとマーチンゲール法を実践するのは大変だと感じている方や、資金に余裕がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

>>バカラ必勝法11選を徹底解説!

攻略法②:モンテカルロ法

モンテカルロ法
モンテカルロ法という名前は、モナコのモンテカルロにあるカジノを破産させたことが由来であるという一説があります。

モンテカルロ法は決められたルール・条件に従って賭け金額を増減させることで、負けた時の損失をカバーして利益に繋げることができる点が特徴です。

モンテカルロ法のやり方

  1. 紙とペンを用意して「1,2,3」と書く
  2. 両端の数字を足した数字を賭け金にする(最初は1+3=4ドル)
  3. ゲームで負けた場合、数列の右側に負けた金額を追加する(1,2,3の右に4を追加する)
  4. 再度両端の数字を足して、次のゲームの賭け金にする(1+4=5ドル)
  5. 勝った場合は、両端の数字を消す(紙には「2,3」が残る)
  6. 全ての数字が消えたら、再度紙に「1,2,3」書く

具体例は以下の表をご覧ください。

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
1 4ドル 負け -4ドル 1,2,3
2 5ドル 勝ち 1ドル 1,2,3,4
3 5ドル 負け -4ドル 2,3
4 7ドル 勝ち 3ドル 2,3,5
5 3ドル 負け 6ドル 3

モンテカルロ法を使用するときは、紙とペンを用意して常時メモを取りながらプレイする必要があるので、ランドカジノでは使用できませんが、効果は絶大なのでぜひ試してみてください。

>>バカラでモンテカルロ法を使って稼ぐ方法を徹底解説!さらに稼げる改良型も大公開!

攻略法③:パーレー法

パーレー法
パーレー法は、逆マーチンゲール法とも呼ばれるベット方法で「勝ったら賭け金を2倍」にするだけ。

マーチンゲール法とは違い、連勝することによって大きな利益を得ることが可能です。

具体例は以下の表をご覧ください。

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
1 1ドル 勝ち 1ドル
2 2ドル 勝ち 3ドル
3 4ドル 勝ち 7ドル
4 8ドル 勝ち 15ドル

勝ちが続けば配当も倍々に増えるので、短時間で利益を一気に上げることが可能な攻略法です。

しかし、パーレー法は一度負けてしまうと、勝った金額を全て失ってしまうデメリットがあります。

あらかじめ目標金額を決めてプレイし、、達した時点でゲームを止めるようにしましょう。

>>パーレー法の詳しい使い方や連勝率から考える最強の活用術を伝授!

攻略法④:ココモ法

ココモ法
ココモ法は、一度の勝利でそれまでの損失すべてを取り返すことが可能な、マーチンゲール法に似た必勝法の1つです。

バカラでは「タイ」に賭けてココモ法を使うことで効果を発揮します。
※プレイヤーやバンカーへのベットは効果的ではないので注意。

  1. 1ゲーム目の賭け金を決めて、賭ける。
  2. 負けた場合、次のゲームでも1ゲーム目と同じ金額を賭ける。
  3. その後も負けた場合、次のゲームは1ゲーム目と2ゲーム目の賭け金を足した金額を賭ける。
  4. その後も負けた場合は、同じように次のゲームでは前回と前々回の賭け金を足した金額を賭けます。
  5. 勝った場合は、次のゲームからまた初回の賭け金へ戻す。

タイの配当が8倍だった場合の具体例はコチラ!

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益 次回ベット額
1 1ドル 負け -1ドル 1ドル
2 1ドル 負け -2ドル 2ドル
3 2ドル 負け -4ドル 3ドル
4 3ドル 勝ち 17ドル 1ドル
5 1ドル 負け 16ドル 1ドル

1度でも勝利した場合、1ゲーム目の賭け方に戻って仕切り直します。

9連敗した後の10ゲーム目の賭け金を比べると、マーチンゲール法は初回賭け金の512倍の賭け金が必要ですが、ココモ法は初回賭け金の55倍の賭け金で済むので、資金的にそこまで余裕の無い方にもおすすめです。

>>ココモ法でコツコツ稼ぐ!3つのメリット&デメリットも踏まえて徹底解説!

攻略法⑤:ウィナーズ法

ウィナーズ法
ウィナーズ法は名前の通り、勝者や覇者を意味しています。

大きな利益を上げることよりも、負けないことに重点をおいた攻略法で、バカラのような勝率が50%あるゲームで有効です。

モンテカルロ法や2in1法と同じく数列を用いてベットする方法なので、紙やペンを用意しておきましょう。

賭け方

  1. 2連敗するまで同じ賭け額(1単位)でゲームを繰り返す。
  2. 2連敗した時点でウィナーズ法発動!紙にベット額の数列を書く。例)「1 1」
  3. 次のゲームは数列の左端の数字×2倍の額を賭ける。例)1×2=2
  4. 負けた場合、数列の右端にベット額を書く。例)「1 1 2」
  5. 勝った場合、左端の数字を消す。例)「1 2」
  6. 4から5を繰り返す
  7. 数列がすべて消えればウィナーズ法終了。

※ウィナーズ法は必ず左端の数字×2倍の額をベットする。

2連敗してウィナーズ法を発動した場合の例

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益 数列
1 1ドル 負け -1ドル
2 1ドル 負け -2ドル 1 1
3 2ドル 勝ち 0ドル 1
4 2ドル 勝ち 2ドル

このように難しい計算などは必要なく、ルールに従って賭けていくだけで資金管理ができ、コツコツと稼げるのが特徴です!

連敗時の損失が大きくなりにくいので、初心者や資金が少ない方におすすめします。

>>ウィナーズ法完全攻略!発動可能条件や使い方も徹底解説!投資でも使えるその真相に迫る

まとめ

どれだけ連敗していようと、1度の勝利で利益を出せるのがマーチンゲール法の特徴です。

シンプルな攻略法で使いやすく、資金さえ用意していれば負けることがない、とても魅力的な攻略法では無いでしょうか。

この記事では

    • バカラで使えるマーチンゲール法の基礎情報
    • マーチンゲール法の使い方
    • バカラでマーチンゲール法を使う時のメリット&デメリット

それぞれ詳しく解説しました。

そして、マーチンゲール法以外のバカラで使えるその他の最強攻略法5選も、どれも実践で稼げる必勝法なのでぜひ使ってみてください。

当サイト限定コードの入力でTEDBET(テッドベットカジノ)で使える5,000円分の軍資金プレゼント!
今回解説するマーチンゲール法を無料で5,000円分試せるので超おすすめです。

「on-casi50」と入力で
\入金不要ボーナス5,000円/
バカラ