ブラックジャック×ウィナーズ法のアイキャッチ画像
更新日:2023.12.08
PR

ブラックジャック×ウィナーズ法は損失回収型の守りの必勝法!その特徴と4つのアクションごとに使い方を徹底解説!

ブラックジャック
  • 「ブラックジャックでウィナーズ法を使うことって可能?」
  • 「ウィナーズ法が何なのかそもそも知らない!」

ブラックジャックでウィナーズ法が使えるのか気になりますよね!

結論から言うと、ブラックジャックでウィナーズ法を使うことは可能!

ウィナーズ法は50%の勝率で勝ったときに賭け金が2倍になって戻ってくる必勝法です。

ウィナーズ法を使うことで長期的なスパンで利益じわじわ生み出すことが出来ちゃいます

そこで!

実際に皆さんには正しくウィナーズ法を使っていただきたいので

  • ウィナーズ法の特徴
  • ブラックジャックでウィナーズ法が使える条件
  • ウィナーズ法の4つのアクション別の使い方解説
  • 実際に使った場合の具体的な損益
  • 使う上での3つのメリット&デメリット

これらについて詳しく解説していきます!

記事の後半では、ウィナーズ法以外のブラックジャックで使える最強の必勝法3選も紹介

是非最後までご覧ください。



[PR]
おすすめオンラインカジノBEST5

ランキング1

プレイオジョ

プレイオジョ

入金ボーナス

FS160

賭け条件

なし

ランキング2

テッドベットカジノ

テッドベットカジノ

入金不要ボーナス

¥5,000

賭け条件

30倍

ランキング3

エルドアカジノ

エルドアカジノ

入金不要ボーナス

¥5,000

賭け条件

1倍

ランキング4

ラッキーニッキー

ラッキーニッキー

入金不要ボーナス

$35

賭け条件

20倍

ランキング5

ボンズカジノ

ボンズカジノ

入金不要ボーナス

¥5,000

賭け条件

30倍

ブラックジャックで使えるウィナーズ法は守りの姿勢でじわじわ稼げる必勝法!

オンカジ ブラックジャック 攻略

  • 「ウィナーズ法ってそもそも何?」
  • 「ブラックジャックでウィナーズ法が使える条件は?」

ブラックジャックでウィナーズ法を使うことで、損失を守りつつコツコツ稼ぐことが可能です!

そんなウィナーズ法の特徴とブラックジャックで使える条件について解説していきます。

ウィナーズ法の特徴を解説

ウィナーズ法は誰にでも簡単に使える防御型のギャンブル必勝法です。

決められたルール通りに賭けることで、長期的なスパンでコツコツと稼ぐことが可能!

そのため、短時間で大きく稼ぎたい方にはおすすめではありません。

短時間で爆発的に稼ぎたい攻めのギャンブラー向けの必勝法はコチラ!

超攻撃型パーレー法で爆益祭り!【最凶につき使いすぎ厳禁】

ブラックジャックでウィナーズ法が使える条件

ウィナーズ法が使える条件は

  • 勝率が約50%
  • 配当が約2倍

ブラックジャックの「ヒットorスタンド」のアクションは基本的に配当が2倍なのでウィナーズ法を使うことが可能です!

※その他のアクション「ダブルダウン、スプリット、インシュアランス、サレンダー、」はウィナーズ法を改良して使うことになるので注意が必要です。




《限定》入金不要ボーナス

入金不要ボーナス:$50賭け条件:30倍
出金上限:$120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥7,500賭け条件:30倍
出金上限:¥18,000
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000賭け条件:1倍
出金上限:なし
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi50
入金不要ボーナス:¥1,500 + フリースピン60回賭け条件:1倍
出金上限:¥15,000
ボーナスコード:なし
入金不要ボーナス:$35賭け条件:20倍
出金上限:$100
ボーナスコード:なし
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi

ブラックジャックでのウィナーズ法の使い方を各アクション別に解説!

ウィナーズ法

  • 「ブラックジャックでのウィナーズ法の使い方が知りたい!」
  • 「難しそうだから簡単に教えてくれたら嬉しい!」

ブラックジャックでのウィナーズ法の発動条件は、2連敗したタイミング

ここでは

  • 基本的なウィナーズ法での賭け方の手順
  • ブラックジャックの4つのアクションが起きた場合の賭け方講座

それぞれ詳しく解説していきます!

基本的なウィナーズ法での賭け方の手順

基本的な賭け方の手順はコチラです。

  1. 2連敗するまで同じ賭け額(1単位)でゲームを繰り返す。
  2. 2連敗した時点でウィナーズ法発動!紙にベット額の数列を書く。例)「1 1」
  3. 次のゲームは数列の左端の数字×2倍の額を賭ける。例)1×2=2
  4. 負けた場合、数列の右端にベット額を書く。例)「1 1 2」
  5. 勝った場合、左端の数字を消す。例)「1 2」
  6. 4から6を繰り返す
  7. 数列がすべて消えればウィナーズ法終了。

基本的に、上記の手順に従って賭けていくことになります。

ステップ①:2連敗するまで同じ賭け額(1単位)でゲームを繰り返す

ウィナーズ法を使う場合、2連敗するまで毎ゲーム同じベット額でゲームを繰り返す必要があります。
そして、ウィナーズ法は損失回収型必勝法なので、2連敗するまで発動できないのでタイミングを待つ。

ステップ②:2連敗した時点でウィナーズ法発動!紙にベット額の数列を書く

2連敗してウィナーズ法を発動させるタイミングにメモをする数列
2連敗したタイミングで、紙やメモ帳などに「1 1」とベット額の数列を書く。
数列を書いた時点でウィナーズ法発動!

今回はわかりやすく、数字の「1」は1ドルとする。
※100円でも1,000円でも使用可能です。

ステップ③:次のゲームは数列の左端の数字×2倍の額を賭ける

ウィナーズ法発動時の3ゲーム目の賭け方
2連敗後の3ゲーム目は数列の左端の数字×2倍の額を賭ける!
今回は「1×2=2ドル」がベット額。

ステップ④:3ゲーム目以降に負けた場合、数列の右端にベット額を書く

ウィナーズ法使用中に3ゲーム目以降に負けた場合の賭け方
3ゲーム目以降に負けてしまった場合、数列の右端にベット額を書く。

ステップ⑤:3ゲーム目以降に勝った場合、左端の数字を消す

ウィナーズ法使用時の3ゲーム目以降に勝った場合の賭け方

ステップ⑥:数列が消えるまでステップ③~⑤を繰り返す

数列が消えればウィナーズ法終了です。
終了した時点で最初の賭け金×2倍の利益がゲット

ブラックジャックの4つのアクションが起きた場合の賭け方講座

  • 「ダブルダウンした時はどうすれば良い?」
  • 「各アクションごとの賭け方が知りたい」

基本的には先ほど説明したパーレー法の手順通りにベットすれば良いのですが、ブラックジャック特有のアクションを起こした場合の手順は異なります。

4つのアクションはこちら

  • ヒットorスタンドの場合
  • ダブルダウンをした場合
  • スプリットをした場合
  • サレンダーをした場合

※インシュランスした場合はウィナーズ法が破綻してしまうので注意が必要です。

アクションごとのウィナーズ法の使い方をそれぞれ詳しく解説していきます!

ケース①:ヒットorスタンドの場合

2ゲーム目以降の勝敗 数列
勝利 左端の数字を消す
敗北 数列の右端にベット額を書く
引き分けの 仕切り直し

ヒットorスタンドを選択してアクションを終わらせた場合は、基本通りのウィナーズ法です。

そのため、2連敗後の次のゲームは数列の左端の数字×2倍の賭け金をベット

引き分けだった場合はゲームがなかったことになるので、次のゲームも同額をベット!

ケース②:ダブルダウンをした場合

ダブルダウンの解説画像

2ゲーム目以降の勝敗 数列 次回ベット額
勝利 左端の数字を消す 左端の数字×2倍
敗北 数列の右端にベット額を記入 左端の数字×3倍
引き分け 仕切り直し 左端の数字×2倍

ダブルダウンを選択した場合は通常のウィナーズ法と賭け方が異なります。

勝った場合は通常通りですが、負けた場合は次のゲームで左端の数列×3倍をベットする必要があります。

ケース③:スプリットをした場合

ブラックジャックのスプリット解説画像

2ゲーム目以降の勝敗 数列 次回ベット額
2勝0敗の場合 左端の数字を消すor終了 左端の数字×2倍
1勝1敗の場合 そのゲームは無かったことに 左端の数字×2倍
1敗1引き分けの場合 数列の右側にベット額を記入 左端の数字×2倍
0勝2敗の場合 数列の右側にベット額×1.5倍の数字を記入 左端の数字×3倍

スプリットの場合の勝敗は4択になるので、ウィナーズ法の賭け方は4種類です。

それぞれ上の表を参照してください。

ケース④:サレンダーをした場合

ブラックジャックのサレンダー解説画像

サレンダーをした場合のウィナーズ法は、次のゲームは左端の賭け金の1.5倍の資金をベットします。

賭け金の半分が没収されてしまうため、次のゲームで1.5倍の資金を賭ける必要があります。

ウィナーズ法を使った際の具体的な損益表を公開!

2連敗してウィナーズ法を発動した場合の例はこちら。

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益 数列
1 1ドル 負け -1ドル
2 1ドル 負け -2ドル 1 1
3 2ドル 勝ち 0ドル 1
4 2ドル 勝ち 2ドル

このように難しい計算などは必要なく、ただルールに従って賭けていくだけで資金管理をしつつ稼ぐことができるのが特徴です!

ブラックジャックでウィナーズ法を使う際の3つのメリットを紹介

プラスマークを持つ女の人の画像

ウィナーズ法を使う上でのメリットは全部で3つ!

  • 利益を生み出せる見込みが高い
  • 他の必勝法と比べても賭け金の増加が緩やか
  • ルール通りに賭けるだけで簡単

それぞれ詳しく解説していきます!

メリット①:利益を生み出せる見込みが高い

ウィナーズ法は勝率50%の場合に使う必勝法なので、稼げる見込みが高い

勝率30%や10%のものにベットするわけではないので、ウィナーズ法を使う時点で高い利益を見込むことが出来ます。

メリット②:他の必勝法と比べても賭け金の増加が緩やか

ウィナーズ法は他の必勝法とは違い、低リスクで損失を回収することができる

マーチンゲール法やパーレー法のように短時間で大きく稼ぐことはできませんが、コツコツと利益を積み上げていくことが可能です!

そのため、短いスパンではなく長期的に利益を生み出したい方におすすめの必勝法です。

メリット③:ルール通りに賭けるだけで簡単

決められたルールと手順に従ってベットするだけなので、誰でも簡単に実践することが可能です。

必勝法の中にはウィナーズ法よりも複雑なものも存在するので、その点このテクニックはシンプルで簡単です!

ウィナーズ法の3つのデメリットを紹介

×マークとデメリットの文字の画像
ウィナーズ法を使う上でのデメリットは全部で3つ!

  • ペンと紙でメモを取りながらプレイする必要がある
  • 短時間で大きく稼ぐことはできない
  • 連勝から始まった場合の利益が小さい

知らずに使って「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、デメリットも把握することが大切です。

デメリット①:ペンと紙でメモを取りながらプレイする必要がある

ウィナーズ法を使うにはペンと紙でメモを取りながらプレイする必要があります

そのため、ランドカジノではこの必勝法は使えません。

対策としてできること

  • オンラインカジノを利用する
  • 訓練を積み重ねて頭の中で暗算する

オンラインカジノでは実際に目の前にディーラーがいるわけではないので、メモを取りながらプレイしていてもバレません。

そのため、ウィナーズ法のような必勝法を使ってプレイする場合はオンラインカジノがおすすめです!

※中には禁止行為として利用規約に記載されているオンラインカジノもあるので注意が必要です。

デメリット②:短時間で大きく稼ぐことはできない

ウィナーズ法が成功した場合の利益は最初の賭け金の2倍です。

ルール通りに賭けながら徐々に損益を回収して最終的に少しの利益を得てウィーナーズ法終了というスタイルのため、短時間で大きく稼ぎたい方にはあまり向いていません。

必勝法の中には短時間で大きく稼ぎたい方向けのものもあるので、常時必勝法を使い分けてプレイするのをおすすめします!

ブラックジャック×パーレー法で爆益祭り!【最凶につき使いすぎ厳禁】

デメリット③:徐々にではあるが、賭け金が膨れリスクが増える

他の必勝法に比べれば、ウィナーズ法は守りの必勝法なので低リスクで損失を回収して利益を出すことが可能です。

しかし、ウィナーズ法にも少なからずリスクは存在します。

「勝ち」&「負け」を繰り返し、なかなか数列を消すことが出来なかった場合、ウィナーズ法は終わらないのでその分賭け金も大きくなります。

そのような最低限のリスクがあるのも認識した上でプレイするのをおすすめします。

ブラックジャックで使えるその他の最強必勝法3選!

  • 「ウィナーズ法の他にも簡単に勝てる必勝法があれば知りたい!」
  • 「勝てるならどんな必勝法でも良い!」

ブラックジャックで使える必勝法・攻略法はウィナーズ法以外にもいくつか存在します!

その中でも最強でおすすめの攻略法3選を皆さんに伝授

最強攻略法3選はコチラ

  • パーレー法
  • モンテカルロ法
  • グッドマン法

それぞれ詳しく解説していきます!

必勝法③:パーレー法

パーレー法

ブラックジャックはパーレー法を使うことで短時間で大きく稼ぐことが可能です!

連勝すればするほど短時間で爆発的に利益を生み出せる特徴があります。

最初のベット額を1,000円でパーレー法を発動させたときの具体例はコチラ!

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
1 1,000円 勝ち 2,000円
2 2,000円 勝ち 4,000円
3 4,000円 勝ち 8,000円
4 8,000円 勝ち 16,000円
5 16,000円 勝ち 32,000円
6 32,000円 勝ち 64,000円
7 64,000円 勝ち 128,000円
8 128,000円 勝ち 256,000円
9 256,000円 勝ち 512,000円
10 512,000円 勝ち 1,024,000円

10連勝までの配当はご覧の通り!
1,000円という少ない資金でもパーレー法を使えばたった10ゲームで100万円以上稼ぐことも可能です。

※ランドカジノやオンラインカジノのテーブルゲームの中にはテーブルリミット(ベット額上限)が設定されている場合が多いので、その点は注意が必要です。

ブラックジャックでのパーレー法の使い方はいたってシンプル。

賭け方は勝ったら次のゲームの賭け金を2倍にして賭けるだけ

しかし、アクションごとに5つの使い方がありそれぞれ異なるので注意が必要です。

5つのアクションごとのパーレー法の賭け方が知りたい方はコチラ!

各アクションごとのパーレー法の使い方を3つのメリット&デメリットも含めて徹底解説!

必勝法②:モンテカルロ法

モンテカルロ法

モンテカルロ法は数列を使ってルール通りに賭けることで損失を抑えながら利益を上げることができる必勝法

数列と聞いて一見難しそうに感じすが、ルール通りに賭けるだけなので実際はとても簡単です!

※今回解説するモンテカルロ法ではインシュアランスでは使えないので注意が必要です。

ブラックジャックでモンテカルロ法を使う際の簡単なステップはコチラ

  1. 紙とペンを用意して「1,2,3」と書く
  2. 両端の数字を足した数字を賭け金にする(最初は1+3=4ドル)
  3. ゲームで負けた場合、数列の右側に負けた金額を追加する(1,2,3の右に4を追加する)
  4. 再度両端の数字を足して、次のゲームの賭け金にする(1+4=5ドル)
  5. 勝った場合は、両端の数字を消す(紙には「2,3」が残る)
  6. 引き分けの時は仕切り直し
  7. 両端の数字が消えたら1セット目が終了。

さらに詳しい使い方や特徴について気になる方はコチラ!

ブラックジャック×モンテカルロ法で誰でも簡単1日で収益化!その方法を徹底解説!

必勝法①:グッドマン法

グッドマン法
グッドマン法はローリスクで手堅く稼げる守りの必勝法

別名1235法とも呼ばれ、損失を防ぎながらコツコツと長いスパンで利益を出したい方におすすめです!

実際にグッドマン法を使った際の損益表はコチラ

ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
1 1ドル 勝ち 1ドル
2 2ドル 勝ち 3ドル
3 3ドル 勝ち 6ドル
4 5ドル 負け 1ドル

このように、途中で負けてしまった場合でも少しずつ利益を出すことが可能。

ブラックジャックでのグッドマン法の使い方はいたってシンプル!

勝った際に「1→2→3→5→5」の数字通りに賭け金を上げてベットするだけ!

そのため1235法と呼ばれることもあります。

負けてしまった場合はスタートの「1」に賭け金を戻してやり直しです。

頭の中で数えながらベットできるので、オンラインカジノのみならずランドカジノでも利用できるのが特徴です。

ブラックジャックでグッドマン法を使う際に必要な詳しい情報はコチラ!

グッドマン法は防御型の堅実度No.1必勝法!損益を抑えつつ稼げるその特徴と使い方を徹底解説!

まとめ

この記事では

  • ウィナーズ法についての詳細
  • ブラックジャックでウィナーズ法を使う際の使い方
  • 実際に使った場合の具体的な損益
  • 使う上での3つのメリット&デメリット

これらについて詳しく解説しました!

そして、記事の後半で紹介した最強の必勝法3選もどれもおすすめなものばかりです!

状況に合わせて是非使ってみてください!

そして何と今なら!当サイト限定コードの入力でTEDBET(テッドベットカジノ)で使える5,000円分の軍資金プレゼント!
是非今回解説したウィナーズ法を無料で5,000円分試せるので超おすすめ!

「on-casi50」と入力で
\入金不要ボーナス5,000円/
ブラックジャック