ブラックジャック最強の攻略法と必勝法11選のアイキャッチ画像
更新日:2024.05.20
PR

ブラックジャックの必勝法&攻略術|すぐに使える勝ち方を公開

ブラックジャック

ラックジャックは最も人気のあるライブカジノの一つです。

人気の理由はシンプルで勝ちやすいからです。

この記事では、ブラックジャックを攻略するためのコツや勝ち方について徹底的に解説します。

何も考えずにプレイしていても手札さえ良ければ簡単に勝つことができますが、長期的に勝つためには必勝法のマスターが必須条件となります。

ランキング1

プレイオジョ

プレイオジョ

入金ボーナス

FS160

賭け条件

なし

ランキング2

ラーメンベット

ラーメンベット

入金不要ボーナス

$50

賭け条件

40倍

ランキング3

テッドベットカジノ

テッドベットカジノ

入金不要ボーナス

$50

賭け条件

30倍

ランキング4

エルドアカジノ

エルドアカジノ

入金不要ボーナス

¥5,000

賭け条件

1倍

ランキング5

ラッキーニッキー

ラッキーニッキー

入金不要ボーナス

$35

賭け条件

20倍

【ブラックジャック必勝法①】ベーシックストラテジー攻略術

ブラックジャックの必勝法 ベーシックストラテジー

ブラックジャックを行う上で最も基本的な必勝法が「ベーシックストラテジー」です。

簡単に説明すると、自分の手札とディーラーの手札がどういう状況の時にはこうすべき、という基本戦略のようなもの。

ベーシックストラテジーのとおりにプレイするだけで勝率を上げることが可能です。

この項目では、ベーシックストラテジーについての基本的な知識や活用方法についてまとめています。

ベーシックストラテジー(表)の見方

ベーシックストラテジーの種類

ここではベーシックストラテジーの表の見方を確認していきたいと思います。

色々なデザインの表がありますが、表の左側縦列にプレイヤーの手札、表の上部の横列にディーラーの手札の合計数が記載されています。

そして更に「ハードハンド」、「ソフトハンド」、「スプリット」という3つの項目で分類され、縦軸と横軸が交わる箇所に、「H」、「S」、「D」という表記があります。

まずは、項目ごとにどのように数字が掲載されているのか記載していきます。

ハードハンド

ハードハンドのベーシックストラテジーの画像

プレイヤーの手札を示す縦列の数字には、以下の数字が記載されています。

8以下、9、10、11、12、13、14、15,16、17以上

ディーラーの手札を示す横列の数字には、以下の数字が記載されています。

2,3,4,5,6,7,8,9,10、A

ソフトハンド

ソフトハンドの場合のベーシックストラテジー

プレイヤーの手札を示す縦列の数字には、以下の英数字が記載されています。

A・2、A・3、A・4、A・5、A・6、A・7、A・8

横列はハードハンドと同様です。

スプリット

スプリットの場合のベーシックストラテジー

プレイヤーの手札を示す縦列の数字には、以下の数字が記載されています。

2・2、3・3、4・4、5・5、6・6、7・7、8・8、9・9、10・10、A・A

横列はハードハンドと同様です。

そして、「H」、「S」、「D」という表記についても見ていきましょう。

これは行動すべきアクションを示しています。

H:ヒット → カードをひく事
S:スタンド → それ以上カードはひかずに勝負
D:ダブルダウン → 現在のベット額分を更に賭け金に上乗せする

縦列と横列が交わった箇所に記載されているアルファベットのとおりの行動をするのがセオリーであり、長期的に勝つことができると考えられています。

押さえておくべき5つの攻略術

ここからはブラックジャックで勝つための5つの攻略術について解説していきます。

基本的なセオリーとなる考え方なので、しっかりと覚えておきましょう。

プレイヤーのハンドが8以下の場合は必ずヒット

1つ目は、プレイヤーのハンド(手札の合計数)が8以下の場合は必ずヒットする、ということです。

ブラックジャックは21が最も強い数であり、それを越えるとバーストして負けが確定してしまいますが、ハンドが8以下であれば、どのカードがきても問題ありません。

例えば自分のハンドが8であり、引いたカードがKであれば手札の合計数は18となり、それなりに強いハンドになります。

また、同じ状況で2を引けば合計数が10となり、より強力な手札になる可能性が出てきます。

プレイヤーのハンドが17以上なら必ずスタンド

2つ目は、プレイヤーのハンドが17以上であれば必ずスタンドする、という点です。

前項でも触れましたが、ブラックジャックは21を越えてしまうとバーストしてしまいます。

例えば手札が17の場合、引いてもバーストしないカードの種類がA,2,3,4しか無いため、ヒットすると負ける可能性の方が高くなってしまいます。

17は決して強いハンドとは言えませんが、無理にヒットするよりも、スタンドしてディーラー側のバーストを狙った方が勝率が高いと言えるのです。

ハンドが13以上でディーラーのオープンカードが6以下ならスタンド

3つ目は、プレイヤーのハンドが13以上でディーラーのオープンカードが6以下ならスタンドする、ということです。

順を追って説明すると、ハンドが13を越えると、ヒットするとバーストする可能性が高くなります。

なぜなら、ブラックジャックにおいて最も出やすいカードは、10とカウントされるカード(K.Q,J,10)だからです。

13以上の数字に10が追加されると、当然21を越えてしまいますので、ハンドが13の時はヒットしない方が良いということが言えるのです。

加えてディーラーのオープンカードが6以下である場合について触れます。

例えばオープンカードが6だったとして、伏せてあるカードは数字はブラックジャックというゲームの性質上10である可能性が最も高いと言える訳ですが、もし10だった場合は合計16になります。

ここでブラックジャックの前提となるルールに触れますが、ディーラーは自身のハンドが17以上じゃないとスタンドできない、という決まりがあります。

つまり16だと、ディーラーは強制的にヒットしなければいけませんが、この際に手札が成立するカードはA,2,3,4,5の5種類と少ないため、バーストの可能性が高いのです。

この2つの状況を考えた時、プレイヤーのハンドが13以上でディーラーのオープンカードが6以下であれば、バーストするリスクを回避しつつ、高い確率で発生するディーラーのバーストを待つ、スタンドを選択したほうが良いと言えるのです。

ハンドが10or11ならダブルダウン

4つ目は、プレイヤーのハンドが10or11であればダブルダウンを選択すべき、という点です。

別項でも触れたとおり、ブラックジャックにおいて最も出現しやすい数字が10でカウントされるカード、K.Q.J.10のカードです。

プレイヤーのハンドが10か11の時、次に引く可能性が高いのは、10でカウントされるカードです。

つまり、20か21になる可能性が高いハンドであるということです。

手札が10か11の時であれば、20や21になりやすく勝利の可能性が高いので、最初の賭け金の倍額を上乗せした上でヒットするダブルダウンするには、絶好のタイミングであると言える訳です。

ハンドがA・Aや8・8ならスプリット

5つ目は、プレイヤーのハンドがA・Aや8・8であればスプリットする、という点です。

まずA・Aだった場合について触れますが、Aは言わずもがな21になる大チャンスのカードでありますが、A・Aの組み合わせのままだと、2or12という中途半端な数になってしまいます。

しかしスプリットすると、Aが2つに分けられるため、一気に21になるチャンス到来ということになります。

また8・8となった場合も、その手札だけでは16という望ましくない数になりますが、スプリットで8を2つに分けることにより、K.Q,J,10がくれば18になりますし、また2や3がくればそれぞれ10、11となり、やはり有利な手札にすることができます。




《限定》入金不要ボーナス

入金不要ボーナス:$50賭け条件:30倍
出金上限:$120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥7,500賭け条件:30倍
出金上限:¥18,000
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000賭け条件:1倍
出金上限:¥15,000
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi50
入金不要ボーナス:¥1,500 + フリースピン60回賭け条件:1倍
出金上限:¥15,000
ボーナスコード:なし
入金不要ボーナス:$35賭け条件:20倍
出金上限:$100
ボーナスコード:なし
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi
入金不要ボーナス:¥5,000 or $50賭け条件:30倍
出金上限:¥12,000 or $120
ボーナスコード:on-casi

【ブラックジャック必勝法②】カードカウンティング攻略術

ブラックジャックの必勝法 カードカウンティング

ここからはブラックジャックをプレイする上においてもっとも強力な必勝法、カードカウンティングについて解説していきます。

カードカウンティングを把握することにより、ブラックジャックにおける勝率を各段に上げることができます。

カードカウンティングで勝率が上がる仕組み

ブラックジャックのカードカウンティングの解説

カードカウンティングとは、ブラックジャックにおいて既に場に出されたカードを記憶、または記録する方法のことを指します。

これを行うことにより、シュー(カードの山)にあるカードを割り出すことができ、次に引くカードの種類をある程度予想することができます。

基本的にK.Q,J,10という10でカウントされるカードが多いほどプレイヤーに有利であるとされています。

それは、ダブルダウンやスプリットの機会が多くなり勝ちやすいからです。

逆に3.4.5.6という中間の数のカードはディーラーがバーストし辛くなるため、プレイヤーに不利なカードと捉えられています。

ブラックジャックのテーブルに参加する時、シューに残っているカードの種類を把握しておくことで、プレイヤーにとって有利、あるいは不利な環境かどうかを判断することができる点が、カードカウンティングで勝率を上げる仕組みなのです。

ハイロー(Hi/Lo)システムによるカウンティング

カウンティング ハイローシステム

カードカウンティングを行うとしても、ひとつひとつのカードの種類を記憶、記録するのは大変です。

しかもカジノで堂々とカードカウンティングするのは禁止事項とされており、よほど記憶力が良くないと正しくカウンティングすることができません。

そこで考え出されたのが、ハイロー(Hi/Lo)システムによるカウンティング、と呼ばれる攻略法です。

これはカードの種類を3つに分類するとともに、ポイントを付けます。

  • K.Q,J,10という10でカウントされるカード →「-1」でカウント
  • 7.8.9のカード → 「0」でカウント
  • 2.3.4.5.6のカード → 「+1」でカウント

あとはこの基準でブラックジャックのテーブルを覗き、カウントし続けるだけです。

シューがリセットされた時から覗くのが望ましいです。

ブラックジャックのテーブルにおいてシューから一定枚数のカードが使用されると、シューチェンジが行われます。

これはカジノ側がカウンティングによる攻略を防止する理由で行うとされており、このためカウンティングの効力が発揮される期間は限られているのですが、それでも効果は絶大です。

【ブラックジャック必勝法③】期待値による攻略術

ブラックジャックの必勝法 期待値による攻略術

ブラックジャックをはじめとするギャンブルで勝利するには「期待値」の概念について知らなければいけません。

「期待値」とは、投資した金額に対してどれだけのリターンが見込めるのか、という考え方を指しています。

例えば期待値105%のギャンブルがあるとして、そのギャンブルに10,000円を投資した際、統計的に10,500円になる、ということを指しています。

ギャンブルにおいて、期待値が100%を越える賭け方を発見することが、勝利の大きなカギと言えます。

しかし現代のギャンブルで期待値100%を越えるものは存在しません。

何故かと言うと、プレイヤー側からの賭け金の一部が胴元に配分されるからです。

日本におけるギャンブルにおいて有名なものとしては、競馬、競艇、競輪などが挙げられますが、これらは期待値75%のギャンブルです。

パチンコ・パチスロも80%程度であり、宝くじにいたっては50%を切るとも言われています。

オンラインカジノは95%前後と言われており、あらゆるギャンブルの中で最も還元率が高いのですが、それでも100%切っているのには違いありません。

ですので、それらのギャンブルで勝つためには、自分で期待値100%を越える賭け方を見つけ出さなければいけません。

どういう状況で、どういう賭け方をするのが期待値100%を越える賭けになるのか、試行錯誤しながら見つけることができる人間のみが、ギャンブルで勝利することができるのです。

さて、ブラックジャックにフォーカスしてみましょう。

実はブラックジャックというギャンブルの期待値は96%~102%と言われています。

しかも、とある方法を使用することで還元率102%を越える賭けを行うことができるとされています。

実は、別項で紹介した「ベーシックストラテジー」のとおり賭けを行うことにより、還元率が102%を越えると言われています。

ブラックジャックにおいて長期的に勝ちを収めたいのであれば、「ベーシックストラテジー」の表を手元において、その通りに賭けを行うだけで良いのです。

また、更に「カードカウンティング」を組み合わせることにより、期待値が更に上がっていきます。

つまり、ブラックジャックは「カードカウンティング」を行いながら、「ベーシックストラテジー」の通りに賭けていくだけで長期的にプラス収支になっていく、とても勝ちやすいギャンブルなのです。

ブラックジャックで使える定番の必勝法・攻略法 5選

ここからはブラックジャックで使える定番の必勝法、攻略法を5つほど紹介させていただきます。

どれも期待値を高める効果がありますので、しっかりと把握しておきたいところです。

マーチンゲール法

マーチンゲール法

マーチンゲール法はブラックジャックに限らず、バカラやルーレットなどで使用されることが多いポピュラーな攻略法です。

やり方は簡単で、負けたら次に賭ける金額を倍にして、勝ったら元に戻す、というものです。

例えば5ドルブラックジャックで賭けて敗北した場合、次は10ドル賭ける、というように行います。

5ドル賭け負けたとしても、次に10ドル賭けて勝利すれば15ドルの投資に対して20ドルを得ることになり、5ドルの収益を得ることができます。

大勝ちに向いている攻略法というよりは、着実に利益をあげていく守備型の攻略法と言えるでしょう。

ブラックジャックは勝ちやすいギャンブルなので、4連敗、5連敗することは少なく、マーチンゲール法の使用に適していますので、ぜひ活用してみて下さい。

モンテカルロ法

モンテカルロ法

次にモンテカルロ法を紹介します。

この攻略法には紙とペンが必要なので準備して、紙に3つの数字を書きます。

どの数字でも良いのですが、ここでは1・3・5という数字を書きます。

更に、1に相当する金額を決めていくのですが、ここでは1=1ドルと定義します。

そして数列の両端の数字を足し、それをブラックジャックの賭け金とするのですが、この場合では1+5=6となり、6ドルが賭け金ということになります。

勝利した場合、両端の数字を消すのですが、残った数字は3になります。

モンテカルロ法では、数列が0、または1桁になった場合は終了する、というルールがありますので、これで完了となります。

さて、ここからが本番です。

もし今の数列で負けた場合について考えていきましょう。

1+5=6ドルで負けた場合、最初の1・3・5の数字の一番右側の5に1を足した数字、つまり6を数列の右端に書きます。

つまり1・3・5・6となります。

次のゲームでは1+6=7ドルが賭け金となります。

ここで勝利すれば、数列の1と6を消去し、残った数字は3・5となる訳です。

そして次のゲームでは3+5=8ドルが賭け金となります。

ここで勝利すれば、モンテカルロ法は完了。

収益として合計投資21ドル、回収30ドルとなり9ドルの収益となります。

もし負けた場合は、右端の5に1を足した数、つまり6を数列の右端に配置します。

つまり3・5・6という数列になりますので、次のゲームでは3+6=9ドルが賭け金になるということになります。

この数列が無くなった時に必ず収支がプラスになっているという点、そして賭け金が緩やかに上がっていくので低いリスクで賭けられるという点で、モンテカルロ法は有効な攻略法として知られています。

パーレー法

パーレー法

次にパーレー法について解説します。

この攻略法を一言で言えば、超攻撃的な攻略法と言えるでしょう。

具体的にやり方を説明すると、勝利した次のゲームの賭け金を倍にする、という極めてシンプルなものです。

しかし、効果は絶大で成功すれば大きな勝利金を獲得することができます。

例えば1ゲーム目に5ドルを賭けて勝利すると10ドルを得ることができます、その10ドルをまるまる次のゲームに賭けるのです。

そこで勝利すれば20ドルを獲得し、また次のゲームでも同じように賭けて勝利すれば、40ドルを獲得することができます。

この様に、倍々で勝利金を増やしていくのがパーレー法なのです。

5ドルからスタートして、3連勝するだけで40ドルもの収益を得ることができます。

グッドマン法

グッドマン法

次にグッドマン法について解説していきます。

通称1・2・3・5法ともいわれており、極めて守備的な攻略法として知られています。

まずは1に相当する賭け金を決めます。

この場合1=1ドルと設定します。

やり方としては、勝利し続ける限り、1→2→3→5の数列通りに賭けていくというものです。

具体的には1ゲーム目に1ドル賭けて勝利した場合、次は2ドル、3ドル、5ドル賭ける…といった感じで行います。

5ドルで勝利した場合は次も5ドルで賭け、それ以上賭け金を上げない点がポイントです。

もし途中で負けた場合は、最初の1に戻って同じように賭けていきます。

オンラインカジノにおけるブラックジャックテーブルは5ドルが最低金額で設定されていることが多いので、1=5ドルと計算して応用することができます。

ダランベール法

ダランベール法

最後にダランベール法について解説します。

最初に1単位の金額を定めるのですが、ここでは5ドルと定義します。

そして1ゲーム目に5ドル賭け、負けた場合に次のゲームでは1単位を上乗せ、つまり5ドルを上乗せした10ドルで勝負します。

この時に勝利したら、次のゲームでは1単位減少させて賭けるのですが、この場合5ドルに賭け金を戻して勝負します。

ここで勝利すれば、投資20ドル、回収30ドル、ということで10ドルの利益となります。

ダランベール方は収支が±0になれば終了する、というルールがありますので、この場合はここで終了となります。

別のパターンで見ていきましょう。

1ゲーム目に5ドルを賭けて負け、次に1単位上乗せして10ドルを賭け、そこでも負ければ更に1単位上乗せた15ドルが賭け金になります。

このタイミングで勝利すれば、次のゲームの賭け金は1単位減らした10ドルとなります。

しかし、そこで敗北すればまた1単位上乗せして15ドルとなります。

ここで勝利すると、投資55ドル、回収60ドルとなり、5ドルの収益となります。

±0以上の収益になったので、ここでダランベール法は完了となります。

このパターンで単位での数値の増減を見ていくと、1→2→3→2→3という形になります。

ご覧のように、緩やかな投資金額の増減で収益をあげることができる点が大きなメリットとして挙げられます。

まとめ:ブラックジャックは必勝法で攻略できる

ブラックジャックは攻略法を活用することにより、期待値100%を越える収益が期待できます。

「ベーシックストラテジー」の表に基づいて賭けを行いながら、今回紹介した攻略法を応用することにより、更に期待値を上げた賭けを行うことができるようになるでしょう。

ブラックジャック